転職ノウハウ転職

入社1年目の転職成功のためには面接での退職理由の答え方も重要

この記事は約4分で読めます。
入社1年目で転職を考えていますか?

入社1年目で転職を考えていますか?

入社1年目の転職を成功させたい!

こんな願望にお答えします。

入社してまだ年数が経過していないので、辞めるのが早いような気がしますが、日本には職業選択の自由があるので、入社1年目でも転職できるし、あなたを縛るものは何もありません。

この記事では「入社1年目の転職成功のためには面接での退職理由の答え方も重要」を解説します。

広告

入社1年目の転職成功のために

入社1年目で退職するのはありですが、特別の理由が無いのに1年目で退職するのは同じ会社で長続きしない人と見られてしまうので、おすすめは出来ません。

ただ、パワハラや人間関係に苦痛を感じていて、会社に改善の申し出をしたり、自ら反省して良くないところを直してみても、良くならなかったら無理せずに退職しましょう。

苦しいまま働いていても精神衛生上、良くないです。

1年で退職したとしても決して甘えではありませんし、まだ若いのですから今後の選択肢はいくらでもあります。

新卒で入社してから3年未満の人たちは、第二新卒と呼ばれます。

専門特化した転職エージェントでは、既卒、フリーター、新卒、第二新卒、高卒、中卒入社の人たちを企業に紹介してくれます。

ただ、コロナ禍以前には、売り手市場だったのが、現在は買い手市場に移り変わったので、退職したらすぐ次の企業がみつかるかどうかは定かではありません。

あと、いくら職業選択の自由があるからといっても、転職をむやみに繰り返して、転職ぐせがついてしまうのは良くないです。

しっかり自分の将来の目的や目標を明確にしてから転職活動をしましょう。

広告

面接での退職理由の答え方も重要

マイナスをプラスに変換しましょう

マイナスをプラスに変換しましょう

退職後にすぐに転職しなかったとしても、フリーランスになる以外は、転職先を探して採用面接を受けることになります。

面接官は、1年しか続かないなんて「飽きっぽいのか」「我慢できないのか」「人間関係がうまく構築できないのか」と思っています。

転職先の採用面接では前職の退職理由を聞かれることが多いです。

【答え方のポイント】

  • 仕事を続けたかったが、どうしても仕方なく退職した
  • 退職したことの不服をいっているように聞こえないようにする
  • 希望していない業務であったが自分なりに努力した
  • 今後の仕事への前向きな意欲を伝える

なぜ1年で辞めるに至ったたのかを明確に伝えられれば、面接官は納得すると思いますので、事前に応答を準備しておきましょう。

テクニックとしては、1年で転職することになったことをマイナスではなくプラスに解釈して変換するということです。

哲学者のニーチェが「事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。」という名言を残しています。

1年で辞めたという事の解釈の仕方を変えれば、マイナスイメージではなくプラスイメージに持っていいくことは可能になります。

自分なりの解釈を付け加えてプラスに変換して話してください。

広告

まとめ

入社1年目での転職は、職業選択の自由があるので辞めても大丈夫ですが、目的がなく転職を繰り返すのはNGです。

キャリアアップのために転職をして、自らの市場価値が高められれば言うことありません。

日立製作所、富士通、KDDIなど大手企業の一部が、「ジョブ型雇用」を導入していますが、日本はまだまだ終身雇用制度であるメンバーシップ型雇用が主流です。

※ジョブ型雇用とは、特定の職務内容に対して、その仕事の遂行能力を持つ人材を雇用する制度です。

今後は、大企業のみならず中小企業も国際競争力をあげるためなどの理由で、ジョブ型雇用に移行すると思われます。

採用面接では、入社1年で退職したことをマイナスで語るのではなく、プラスの内容や言葉に変換して面接官に伝えて下さい。

以上です。

1年目の転職を頑張って下さい。応援しています。

広告
転職の時代

コメント