転職ノウハウ転職

転職活動中のモチベーション維持の方法と時間の作り方

この記事は約7分で読めます。
転職活動中のモチベーション維持の方法と時間の作り方

転職活動中のモチベーション維持の方法と時間の作り方

転職活動中のモチベーション維持の方法と時間の作り方を教えて欲しい。

こんな知りたいことにお答えします。

転職活動は3~6ヶ月かかるので、モチベーション維持が重要になりますが、特に在職中に転職活動をする場合は、時間が限られるので気持ちが焦り、モチベーションが下がりがちです。

この記事では「転職活動中のモチベーション維持の方法と時間の作り方」をお伝えします。

モチベーションを維持して、時間を捻出して転職活動を成功させるためのヒントをご紹介します。

参考にしていただければ幸いです。

広告

転職活動中のモチベーション維持の方法

転職活動中のモチベーション維持の方法

転職活動中のモチベーション維持の方法

転職活動は時間のない中で行いますので、書類選考で落ちたり面接で落ちたりすると人によっては自分自身を否定されたかのように錯覚して落ち込んでしまうでしょう。

不採用が続いた時、絶対に内定をもらうまでは諦めないためのモチベーション維持の方法をお伝えします。

それは転職目的である、

  • 「なぜ自分は転職をしたいのか」
  • 「転職に何を求めるか」

を最初に明確にしておくことです。

「なぜ自分は転職をしたいのか」を明確にしましょう。

[例]

  • やりたい仕事をやるため
  • なりたい自分になるため

「転職に何を求めるか」を明確にしましょう。

[例]

  • 仕事のやりがい
  • 経験や能力が活かせる
  • 専門性やスキルの習得など仕事を通じて成長できる
「なぜ自分は転職をしたいのか」と「転職に何を求めるか」を転職活動の原動力にして、モチベーションを維持したまま転職成功に向けて頑張って下さいね。
広告

転職活動の時間の作り方

転職活動する時の時間の作り方

転職活動する時の時間の作り方

転職活動する時間がない場合でもできれば在職中に活動しましょう

転職活動は在職中にすることを推奨します。

転職活動中は時間がないので、忙しくてすごく大変で、さきほどのモチベーションも下がりがちですが、内定が出るまでの約3~6ヶ月間は、在職中に転職活動をすることをおすすめします。

調査データでも約8割の人が在職中に転職活動をして内定をもらっています。

退職してからの転職活動だと、収入が途絶えるので、はやく決めなければならないとの思いが発生し不安や焦りが大きくなります。

「このまま働かないよりはどこでもいいから働いてしまおう」となって事前に考えていた企業選択基準が「いい加減」になってしまいがちです。

そうなると、企業選びの基準である業務内容、労働条件、募集理由や離職率などの情報収集が不完全なまま、決定してしまいます。

一番入りたくないいわゆる「ブラック企業」に入社してしまったら苦労して転職しても後悔してしまい転職に失敗したことになってしまいます。

会社都合ではなく自己都合退職では失業保険は2ヶ月後からしかもらえませんし、会社にいる時にもらっていた給料の、6ヶ月間の合計を180で割った金額の50~80%しかもらえません。

雇用保険加入期間が10年未満で退職理由が自己都合なら上限は90日です。

なので在職中に余裕を持って転職活動を始めましょう。

しかし、今すぐ辞めなければ心身ともに限界なら、健康第一なのですぐに退職することが必要です。

在職中に転職活動をスタートして内定までいくためには、3~6ヶ月の間かなりの忙しさを覚悟しなければなりません。

転職活動中は、毎日、最低でも1時間、時間を作って求人情報を見たり、履歴書や職務経歴書の作成をしましょう。

1週間に1度は有休を利用したり出社前や退社後を利用して、面接の時間を作りましょう。

1日のうちで自由に使える時間は、仕事をしていれば限られるので、時間の作り方をご紹介します。

転職活動に使える時間を捻出する

早朝

早朝に朝活として時間を作ります。

何時間も早起きする必要はなく、1時間なら軽く時間を作ることができるでしょう。

朝7時30分に家を出るのであれば、朝5時30分に起きましょう。

出かけるまでの支度に1時間かかっても1時間作れます。

通勤時間

リモートワークをしていない場合は通勤が発生します。

通勤時間を移動するだけに使わないで、スマホを使って求人情報をチェックしましょう。

休憩時間

休憩時間は労働者の自由時間なので転職活動をしていても文句は言われません。

ただし転職活動を会社に知られないようにするためには、周囲の目を気にしながらうまく休憩時間を利用してくださいね。

残業時間

残業時間が多いと転職活動の時間が作れないので、8時間内で仕事が終わるように集中して仕事をしましょう。

また業務の効率化を図って作業手順や省略できる業務を見直して、できるだけ定時までに仕事が終わるようにして、定時後の自由時間を転職活動に充てましょう。

応募は数社まとめて同時にする

応募は数社まとめて

応募は数社まとめて

気になった求人は1社ずつ応募しないで、数社まとめて同時に応募しましょう。

時間の節約という側面もありますが、1社ずつ応募して、内定が出た都度、他に応募したかった企業との比較ができないまま、内定を承諾するかどうか迷わなければなりません。

内定を承諾したあとに後悔したり決めきれずに、転職活動が長引いてしまい転職活動の時間が延びてしまいます。

応募をまとめて20社ぐらいすると書類選考が通過するのはそのうち2~3割なので面接までいくのは4~6社。そのうち1~2社から内定が出るか出ないかというのが標準です。

なので、求人に応募するのは数社まとめて同時に応募するのが吉です。

転職エージェントに選考状況の管理や面接日程の調整を依頼

選考状況の管理や面接日程の調整

選考状況の管理や面接日程の調整

転職活動する時間がなく自分の削れる時間を削ってもまだ時間が足りないのなら、この際に転職のプロである転職サービスの中の転職エージェントを利用してみるのも一つの方法です。

応募後の選考状況の管理や面接日程の調整はもとより、履歴書や職務経歴書の書き方の指導や添削、企業毎の面接対策も教えてもらえます。

転職エージェントを利用するとかなりの時間短縮になります。

いそがしい日常の中で転職エージェントを利用して転職活動を始めることは、転職成功へ近づく一歩だと思います。

転職エージェントは無料で利用できるので、遠慮なく申し込んでみることをおすすめします。

広告

転職活動の流れ

転職活動の流れ

転職活動の流れ

ここで転職活動の流れを一度見ておきましょう。

転職活動の流れは在職中でも退職後でも変わりません。

以下のような流れで進めていきます。

  1. 事前準備・・・1週間
    1. 転職の目的をはっきりさせる
    2. 自己分析
  2. 情報収集・・・1週間
    1. 応募先企業を探す
  3. 応募書類作成・応募・・・2週間
    1. 履歴書と職務経歴書を作成する
    2. 企業に応募する
  4. 採用面接・・・1ヶ月
    1. 書類選考にパスすると採用面接を受けます
  5. 内定~入社・・・1~3ヶ月
    1. 内定
    2. 退職手続き
    3. 引き継ぎ
    4. 退職
    5. 入社
広告

まとめ

以上「転職活動中のモチベーション維持の方法と時間の作り方」のご紹介でした。

時間がない中での転職成功をモチベーションを維持しながら頑張ってくださいね。

もし在職中に転職できなかった場合には、雇用保険や再就職手当の申請をハローワークにしてください。

広告
転職の時代

コメント