当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
仕事の悩み転職活動

転職を繰り返す人の末路は一律に悲惨ではなく辞め方で変わります

転職を繰り返す人の末路

転職を繰り返す人の末路

転職を繰り返すと末路が悲惨になると悩んでいませんか?

この記事を読むことで、転職を繰り返すことがダメなのではなく、ネガティブな転職がダメなのが明確になります。

転職を繰り返した実例や転職エージェントの例外的な活用例、20代でのポジティブな転職の重要性まで、実用的な対策を具体的に紹介しています。

あなたの転職を、望ましい未来へとつなげるために、ぜひご一読ください。

転職を繰り返す中で末路になるネガティブな転職

ネガティブな転職

ネガティブな転職をするから末路

「末路」という言葉は「人生や組織の盛りを過ぎた末。なれのはて。」という意味になります。

転職を繰り返すことには注意が必要ですが、転職を繰り返して「末路」になるのは、退職理由の違いが原因です。

転職を繰り返す人の末路が悲惨になるのは、ネガティブな転職をした場合です。

辞め方一つで未来は変わります。

ネガティブな転職を繰り返すと起こる「4つ」のこと

ネガティブな転職を繰り返していると、以下のような4つのことが起こります。

  1. 職業的スキルや専門知識が不足する
  2. 就業履歴の不安定さや信頼性が欠如する
  3. 職業的な評判が低下する
  4. 収入が減少し経済的に不安定になる

職業的スキルや専門知識が不足する

「人間関係や仕事の内容が自分に合わない」などのネガティブな理由で転職を繰り返すと、仕事経験や実績が自分の中で積み上がりません。

ポジティブな理由で転職を繰り返していればスキルは向上していきます。

転職を繰り返して短期間しか働かないと、会社で十分なスキルや専門知識を得られる時間がありません。

スキルがない状態での転職なので、市場価値が低いままです。

結果として、職業的スキルや深い専門知識の不足が生じて、将来のキャリアの成長や転職市場での競争に悪影響を与える恐れがあります。

就業履歴の不安定さや信頼性が欠如する

転職を繰り返すと履歴書や職務経歴書を書く際に、数多くの短期間での職歴が目立ってしまいます。

転職先の面接で雇用主や採用担当者に対して、就業履歴の不安定さや信頼性に欠ける印象を与え、希望の転職ができなくなる恐れがあります。

職業的な評判が低下する

長期的に働くことや組織内での安定したキャリアは、職業上の信頼性や評判を高めます。

ネガティブな転職を繰り返すことで、雇用主や同僚、業界内の他の人々からの信頼や尊敬を失い、職業的評判の低下の原因になります。

信頼性がなくなり、年齢だけが上がるだけなので、雇用してくれる会社は限りなく減ります。

収入が減少し経済的に不安定になる

転職活動中は雇用保険の支給がありますが、支給が終わると収入がなくなります。

そしてネガティブな転職を繰り返すと経済的に安定した収入を得ることが困難になります。

新しい転職先での給与や福利厚生の水準が、以前の会社よりも低くなる場合もあります。

年齢だけは転職のたびに上がっていきますが、転職先では年齢に見合う活躍が見込めなくて、給料も前職と比べて上がらなくなります。

ネガティブな転職を繰り返すことで、以上の4つのようなことが起こり、悲惨な末路を迎えます。

転職を繰り返した筆者の末路は辞め方で変わりました

転職を繰り返した筆者の末路

転職を繰り返した筆者の末路

筆者は出戻り転職を含め、正社員と派遣社員で在籍した企業はのべ14社で、転職回数は13回になります。

20代初めの頃から、仕事が長続きせずに転職を繰り返していたので末路が不安でした。

転職エージェントを利用して転職した先輩からの誘いで転職

そんなあるとき、転職エージェントを利用した先輩に誘われて転職しました。

先輩は事業の多角経営をして成長している勢いのある会社に転職エージェントを利用して転職していました。

話があるとのことで行ったら、一緒に働いて欲しいとの意向だったので、筆者のスキルアップにつながる可能性を信じて同意しました。

転職の面接では、採用担当役員が筆者の転職回数の多さを気にしていましたが、新規事業の立ち上げで忙しい時期で即戦力が求められたことと、縁故だったので即採用されました。

転職を繰り返してもポジティブな転職をしました

ポジティブな転職をしたらタワマンに住めました

ポジティブな転職をしたらタワマンに住めました

それまで転職回数が多かった筆者の転職が成功したのは、辞めたくて転職したのではなく、コネだったこともありますが、キャリアアップのためのポジティブな転職だったからです。

ただ、自分で転職エージェントを利用していれば、もっと自分の適性に合った企業に転職できていたかもしれません。

そのころはまだ、転職エージェントを利用して転職するのは一般的ではありませんでした。

経験上ですが、転職を繰り返しても20代のうちならまだ余裕があります。

しかし、30代をすぎると、たとえポジティブな理由だったとしても、転職は難しくなる傾向があります。

この記事を読んでいただいている「20代のあなた」には少しでも若いうちにポジティブな転職をして欲しいと思っています。

ポジティブな転職をするには、転職の相談ができる転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、あなたを目的地まで無料で運んでくれます。

ネガティブな理由で退職したので悲惨な末路になりました

悲惨な末路

悲惨な末路

その後、社内ニートになったり、転勤を命じられたりしながらモチベーションが低いままで数年は勤めましたが、職場の人間関係の悩みで働くのが嫌になって退職しました。

仕事辞めた瞬間は、人生楽しすぎの境地に浸りました。

辞めてからはどんなに次の仕事を探しても、正社員で雇ってくれる会社は1社もありませんでした。

給料がなくなってもタワーマンションのローンが残ったので、派遣社員やアルバイトをやりましたが、やはり職場にうまく馴染めなくて長続きしませんでした。

メインバンクに住宅ローンの減額を相談しましたが望みが叶わずに、収入が途絶えて高いローンが払えなくなったので、マンションを売却して家賃の安い地方に引っ越しました。

あとでよく考えたら、辞めないでそのまま定年まで働いていれば良かったと後悔しましたが後の祭りでした。

筆者の20代の時や上記の会社の時のようにネガティブな転職が多い人は、歳を取ってから末路を迎えて後悔しないようにしましょう。

転職を繰り返しているのだったら20代のうちに、転職のプロである転職エージェントのアドバイザーの力を借りてポジティブに、成長していて将来性がある会社に転職しましょう。

そして40代以降はポジティブな転職ならまだしも、ネガティブな退職理由では退職しない方が良いです。

転職を繰り返す人の末路対策

転職を繰り返す人の末路対策

転職を繰り返す人の末路対策

転職を繰り返しても悲惨な末路にならないように対策を3つしましょう。

  1. ネガティブな転職の原因を取り除く
  2. キャリアアップにはポジティブな転職を20代で!
  3. 転職エージェントを利用する

ネガティブな転職の原因を取り除く

ネガティブな転職をして転職回数が増えたなら、暗くて悲惨な末路が待っています。

「仕事が続かない」などのネガティブな転職をしないように原因を取り除きましょう。

以下の記事では、全部がネガティブではありませんが、仕事が続かない原因9選と続かない原因別に対処法を紹介していますので参考にしてみてください。

仕事が続かない原因9つ
  1.  スキル不足
  2. 自己管理能力不足
  3. 仕事の満足度が低い
  4. コミュニケーション能力が低い
  5. モチベーション管理不足
  6. 通勤の満員電車がつらい
  7. 家が裕福
  8. 発達障害(自閉スペクトラム症)
  9. ブラック企業

ポジティブな転職を20代でしましょう

転職を繰り返したとしても悲惨な末路にならないようにするには、キャリアチェンジやキャリアアップなどのポジティブな転職をすることです。

転職理由がキャリアアップや年収アップなどのポジティブな転職なら、転職回数が増えても明るい未来が期待できます。

転職理由の違いで結果が「180度」変わります

ただし注意点ですが、キャリアアップのための転職だとしても、面接で転職理由を答えるときに必要なことがあります。

単に「キャリアアップのため」と言うより、もう少し深く考えて言ったほうが良いです。

面接官によっては「キャリアアップ以外」の理由でお答え下さいと言われることがあるからです。

キャリアの構築は人によって異なるので「キャリアアップ」と一言で表すのではなく「転職して実現したいことを具体的」に答えましょう。

面接時における「キャリアアップ以外」の具体的な理由を述べる際の例を5つ挙げます。

  1. スキルセットの拡大: 「新たな技術や言語を学び、自分のスキルセットを拡大したい。特に○○のプロジェクトに取り組みたいと考えています。」
  2. 異文化や新しい業界への挑戦: 「異なる文化や環境で働くことによって、より柔軟な思考を身につけ、新しい業界の知識を深めたいです。」
  3. 社会的貢献: 「自分のスキルを活かして社会問題の解決に貢献したい。特に△△の分野で、私の経験が役立つと考えています。」
  4. ワークライフバランスの改善: 「仕事と私生活のバランスを取りながら、自分自身と家族のためにより良い生活を実現したいです。」
  5. 専門性の追求: 「◇◇の分野で専門家としての地位を築きたい。そのためには、□□に特化した環境で経験を積むことが重要だと考えています。」

これらの答えは、ただキャリアを上向きにしたいというよりも、自分が転職を通じて何を達成したいのか、どのような価値を提供できるのかを具体的に示しています。

面接官にとって、あなたのユニークな動機や目標が明確になることで、より深い理解を得られ、印象に残りやすくなります。

転職エージェントを利用しましょう

下のグラフは民間の転職エージェントなどの民間職業紹介事業者経由の就職件数です。

出典:労働市場における雇用仲介の現状について

公共のハローワークは2012年から減っていますが、民間の職業紹介事業者経由の就職件数は「右肩上がり」に増えています。

少しでも若い20代のうちに、転職のプロである「転職エージェント」を最大限に活用し、ポジティブな転職をしましょう。

在職中に転職エージェントのアドバイスを得て、ポジティブな退職に持っていきましょう。

転職で悲惨な末路を遠ざけるためにするポジティブな転職」をする前提は2つです。

  1. 転職のノウハウを得る
  2. 自分の市場価値を知る

転職エージェントで転職のノウハウ自分の市場価値がわかります。

企業の公開求人はもとより、非公開にしている求人の紹介や、転職活動全般のサポートをしてくれます。

おすすめの転職エージェントです。

  • 顧客満足度No.1
  • 非公開を含む20万件以上の求人情報
  • キャリアアドバイザーなどが転職活動をサポート
  • 利用者の経歴と希望に合った求人を紹介
\顧客満足度No.1/

転職先を決めてから退職しましょう

退職して失業保険の生活になると、経済的に苦しくなります。

それを防ぐために、転職するときには転職先が決定してから退職すれば、退職しても翌日から仕事が途絶えません。

転職エージェントから退職時のアドバイスももらえます。

退職代行はしてもらえませんが、上司に退職を届け出るタイミングがいつがいいかとか、伝え方などもアドバイスしてもらえるので、初めて退職する人も安心です。

筆者のように勢いで退職すると、再就職先がない(収入が途絶える)状態に陥り「悲惨な末路」を迎えます。

転職が当たり前な時代になってもポジティブな転職をしましょう

転職は当たり前

転職は当たり前

新入社員で入社した会社にいつまで働きたいかを調査したアンケートでは、以下のようになりました。

  • 「定年まで同じ会社で働きたい」20%未満
  • 「10年以内に転職する」50%以上
  • 「3年以内に転職する」約30%

約80%以上の新入社員が「10年以内に転職したい」と答えています。

終身雇用制度だと毎年昇給するし、定年まで安心して働けるのに、定年まで同じ会社で働きたい人は20%未満です。

メンバーシップ型雇用である終身雇用制度が崩れて、成果主義的なジョブ型雇用が主流になるでしょう。

転換期が近づいています。

大転職時代が訪れて転職を繰り返すことが当たり前になるでしょう。

2019年4月に経団連の中西宏明会長が『企業が今後「終身雇用」を続けていくのは難しい』と述べています。

今後の方向性として「終身雇用という雇用システムを変えていくことが必要」と、企業側と大学側の認識が一致していることを示唆しました。

転職が当たリ前の時代がやってきたとしても、転職理由がキャリアアップや年収アップなどのポジティブな転職で転職回数が増えたのなら、悲惨ではなく明るい未来が待っているでしょう。

逆に、ネガティブな理由で転職を繰り返すなら末路は怪しくなり、スキルアップや年収アップがかなえられるかどうかもわかりません。

まとめ

欧米型のジョブ型雇用が主流になって、転職が当たり前の時代になっても、転職理由はネガティブにならずにポジティブな転職を続けましょう。

それが転職を繰り返す人の末路が悲惨になるのを防ぐ大事な秘訣です。

転職を繰り返していても悲惨な末路を回避するには、なるべく若いうちにポジティブな転職をしましょう。

それには転職エージェントを活用しましょう。

\業界最大級の求人数/
運営責任者
かつ

かつと申します。

印刷工場現場勤務や会計事務所職員、計測機器商社経理、不動産会社営業、中華料理店ウエイター、多角経営企業経理、僧侶の修行他で13回転職しました。

高校は工業の電子科でしたが、経理の専門学校で学習し簿記の資格を取った経理関係の職歴の年数が一番長いです。

これらの経験から得た洞察を共有し、皆さんのキャリア形成に役立つ情報を提供しています。

タイトルとURLをコピーしました