当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
転職活動

35歳転職限界説の理由と変化は?年齢制限禁止!年齢は常にただの数字の意味

35歳は転職の限界?

35歳は転職の限界?

「35歳での転職は限界」という概念に悩んでいませんか?

年齢は単に数字でしかないといわれることがありますが、それでもなお求人において年齢に関する不公平や偏見が存在するのが現実です。

35歳以上の方が直面する転職の課題とは何か、そしてそれをどのように克服するのかについて、この記事では具体的なアドバイスを提供します。

35歳転職限界説の背景や変化、そして年齢制限の禁止について詳しく解説し、年齢が単なる数字であるという視点を通じて、あなたの転職活動を成功に導くための戦略を紹介します。

年齢を巡る様々な問題について考え、改めて年齢にとらわれることなく、自分らしいキャリアを歩んでいくためのヒントを提供していきます。

この記事を通じて、あなたの転職活動が新たなステージへと進むことが実現できるでしょう。

35歳転職限界説の理由

35歳転職限界説の理由

35歳転職限界説の理由

転職業界では、35歳は転職の限界年齢と言われています。

業界や業種にかかわらず、35歳までに転職しないとその後は転職しにくくなるという「35歳転職限界説」が一般的でした。

35歳転職限界説の理由を3つご紹介します。

  • 35歳以上は即戦力が求められる
  • 35歳以上は20代より固定費が高い
  • 35歳以上は入社後の成長に期待しにくい

35歳以上は即戦力が求められる

35歳は大卒で企業に入社しても社会経験が10年以上あるので、35歳を採用するとすればキャリアを積んでいる人材が採用基準になります。

35歳は20代の転職者に比べて求められるレベルが格段に高く、業務経験を活かして直ちに自社で活躍してくれる即戦力が求められます。

35歳以上は20代より固定費が高い

20代は一般的に給料が低いです。

35歳なら20代と比較して給料などの固定費が高いです。

それなりの活躍が期待されますが、高い給料に見合うメリットが企業側になければ、採用はむずかしくなります。

35歳以上は入社後の成長に期待しにくい

35歳で転職して60歳で定年を迎えるとしたら、のこり25年間でキャリアアップをしなければなりません。

25年間なら結構あるようですが、20代はそれよりさらに長く働けます。

35歳は20代と比較して経験年数が違い、それなりに出来上がっています。

「入社して企業で育てて成長してもらう」という期待感が薄れます。

35歳転職限界説の変化

35歳転職限界説の変化

35歳転職限界説の変化

転職者の平均年齢は2007年下半期に29.1歳でした。

2020年は32.0歳に上がり「40~50代の転職者はこの10年で激増」しています。

今日の慢性的な人材不足の影響で、35歳転職限界説は薄れてきました。

年齢に関係なく企業の即戦力人材の獲得意欲は、業種を超えて旺盛になっています。

令和3年の上半期の年齢階級別入職率・離職率の表を御覧ください。

35歳からの入職率は34歳までより減少しているとはいえ、0%にはなっていないので、35歳が転職の限界とは言えないでしょう。

(単位: %)

19歳以下 20~24歳 25~29歳 30~34歳 35~39歳 40~44歳 45~49歳 50~54歳 55~59歳 60~64歳 65歳以上

入職率 68.2 26.2 9.8 5.9 4.3 3.8 2.7 2.6 3.3 7.8 6.6
離職率 22.9 15.5 11.0 6.3 4.9 4.0 3.6 2.9 4.3 11.9 13.3

入職率 40.5 28.4 10.5 9.3 8.1 5.6 6.5 5.6 4.7 6.5 4.0
離職率 21.1 17.2 10.4 8.7 7.7 5.7 5.8 5.8 5.4 10.7 11.4

参考:令和3年上半期雇用動向調査結果の概要|厚生労働省

年齢制限の禁止

年齢制限は禁止です

年齢制限は禁止です

2007年9月までは求人票で年齢不問と書いてあっても、応募者の年齢を理由に、

  • 書類選考をしない
  • 形だけ書類選考や面接をする

と、年齢を理由に不採用にしていました。

企業が行う労働者の募集及び採用において、年齢制限の禁止が義務化されたのは2007年10月からです。

不採用になる理由が年齢以外の理由なら納得できます。

単に年齢を理由にされるのは納得できないことが多くありました。

企業は年齢にとらわれることなく、その人の人物や能力を見て合否の判断をしていただきたいと思います。

35歳転職限界説があるので、35歳以上の転職者は、年齢制限の禁止の義務化をとても良いことと前向きに捉えていいでしょう。

年齢は常にただの数字の意味

8掛けの人生って何?

8掛けの人生って何?

35歳転職限界説」などの年齢にとらわれることなく、年齢は常にただの数字にすぎないという「8掛けの人生」という考え方があります。

今は男女とも平均寿命が延び、人生100年時代といわれます。

年を重ねても元気で働ける人が増えています。

平均寿命は1990年に、

  • 男性75.92歳
  • 女性81.90歳

だったのが、

2017年には、

  • 男性81.09歳
  • 女性87.26歳

に、なりました。

30年の間に、

  • 男性で5.17歳
  • 女性で5.36歳

延びて、いずれも過去最高を更新しています。

「8掛けの人生」という考え方は、自分の年齢に8を掛けます。

まだまだ若いので、いろいろなことに挑戦しましょう、ということです。

今の60歳は昔の48歳
今の75歳は昔の60歳
今の100歳は昔の80歳
出典:【人生100年時代】八掛けの人生で考え、挑戦をすること | だいこく税理士事務所

8掛けの人生は転職に限らず、いろいろなことに挑戦を続ける上ですごくポジティブで素敵な考え方です。

もし、35歳転職限界説があっても、自分が40歳だとしても8を掛ければ32歳になるので、全然大丈夫です。

たとえ35歳を過ぎていても、挑戦してみる価値はあるので「年齢は常にただの数字にすぎない」と言い聞かせてがんばりましょう。

まとめ

35歳転職限界説の理由

  1. 35歳以上は、即戦力が求められる
  2. 35歳以上は、20代より固定費が高い
  3. 35歳以上は、入社後の成長に期待しにくい

35歳転職限界説の変化
今日の慢性的な人材不足の影響で、35歳転職限界説は薄れて、年齢に関係なく企業の即戦力人材の獲得意欲は、業種を超えて旺盛になっています。

年齢制限禁止
2007年10月から企業が行う労働者の募集及び採用において、年齢制限の禁止が義務化されています。

年齢は常にただの数字の意味
今は人生100年時代なので、8掛けの人生で考えれば、もう年だから出来ないと思うのではなく、いくつになっても転職に挑戦できる人生が送れそうです。

35歳転職限界説があっても、ビジネスパーソン個々人の心構えや努力次第で年齢の呪縛から逃れられます。

年齢を気にしないで能力を発揮することが出来るような環境づくりが、大切なことだと思います。

「年齢は常にただの数字にすぎない」のですから。

運営責任者
かつ

かつと申します。

印刷工場現場勤務や会計事務所職員、計測機器商社経理、不動産会社営業、中華料理店ウエイター、多角経営企業経理、僧侶の修行他で13回転職しました。

高校は工業の電子科でしたが、経理の専門学校で学習し簿記の資格を取った経理関係の職歴の年数が一番長いです。

これらの経験から得た洞察を共有し、皆さんのキャリア形成に役立つ情報を提供しています。

タイトルとURLをコピーしました