当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
ハイクラス転職サービス転職活動

リクルートダイレクトスカウトとは、評判、利用するメリット・デメリット

リクルートダイレクトスカウト

RECRUIT DIRECT SCOUTとは

  • 転職決定年収 平均925万円以上
    ※2022年度実績:2022年4月〜2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者
  • 年収800万〜2,000万円の求人を多数掲載
  • 転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1
    ※2023年オリコン満足度調査 転職

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス求人に特化したエグゼクティブ向け転職サービスで株式会社リクルートが運営しています。

リクルートダイレクトスカウトに無料登録したあとは、あなたの匿名レジュメを見たヘッドハンターや企業からのスカウトを待つだけです。

ヘッドハンターはあなたの代わりに仕事を探して提案してくれるので、自分で探すのと違って、意外な企業との出会いが見込めます。

基本情報

事業者名
リクルートダイレクトスカウト
業態別
ヘッドハンティング型転職サービス
主な年代

20代・30代・40代・50代

専門サイト
公開求人数

160,000
以上

非公開求人数

(非公開)

拠点

全国対応

会社名
株式会社リクルート
本社所在地
〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
設立年月日
2012年 10月1日
資本金
3億5千万円
売上
6,720億円(2020年4月1日~2021年3月31日)
従業員数
15,807人(2021年4月1日現在 / アルバイト・パート含)
厚生労働大臣許可番号
13-ユ-010258

リクルートダイレクトスカウトの評判

登録1時間で16件のスカウトがあった

リクルートダイレクトスカウトが非常に効果的であることが伺えます。

登録後たった1時間で16件ものスカウトが来たとのことで、求職者にとっては非常に魅力的なサービスであると思われます。

ただし、16件のスカウトが多すぎるという意見も示されています。

これは、一度に多くの情報を受け取ることで情報過多に陥り、スカウトを選択する際に疲れてしまう可能性があることを意味します。

結局のところ、リクルートダイレクトスカウトが効果的であるかどうかは、個々の求職者のニーズや状況によって異なるでしょう。

しかし、この投稿からは、このサービスが多くの人々から注目されていることがうかがえます。

だいぶデータベース量が増えてきた

活動的でエネルギッシュなライフスタイルを送っていることが伺えます。

朝からランニングや大掃除をして、その後カフェで勉強するという生活は、健康的で充実した生活を送っている印象を与えます。

また、中途採用のお手伝いをされているとのことで、転職や採用に関心があることがわかります。

特に、リクルートダイレクトスカウトのデータベース量が増えてきたことについて言及されており、このサービスの注目度が高まっていることがわかります。

全体的に、この投稿からは積極的で活動的な姿勢が感じられ、自分自身の成長やキャリアアップに注力していることがうかがえます。

多くの方と面談するのは時間がかかるけどメリットは大きい

転職エージェントとの面談に関する体験が述べられています。

20人以上の方と面談を行ったとのことで、多くのエージェントと接触し、自分自身の良さを引き出してくれるエージェントが多数存在することがわかります。

この投稿からは、転職活動においては多くの時間がかかることが伺えます。

しかしながら、多くのエージェントと面談をすることで、自分自身の良さを引き出すことができるというメリットがあることがわかります。

ビズリーチやリクルートダイレクトスカウトといったサービスを利用して、自分自身の転職活動を成功に導くことができる可能性があることも、この投稿から伺えます。

全体的に、この投稿からは転職活動に真剣に取り組んでいる姿勢がうかがえます。

転職エージェントを自分で検索して選ぶことができる

転職活動における新たな試みとして、リクルートダイレクトスカウトを利用し始めたことが述べられています。

まだ始めたばかりとのことで、具体的な結果や感想はまだ語れないようですが、このサービスがビズリーチとは異なる点についても言及されています。

具体的には、リクルートダイレクトスカウトでは、自分自身が転職エージェントを検索し、選ぶことができる点が異なるようです。

これによって、より自分自身に合ったエージェントを選ぶことができ、転職活動の効率化につながる可能性があるということが伺えます。

全体的に、この投稿からは、転職活動において新たな試みに積極的に取り組んでいる姿勢が感じられます。

また、リクルートダイレクトスカウトというサービスに対する興味や関心も伺えます。

リクルートダイレクトスカウトも本腰入れてきた!

ビズリーチとリクルートダイレクトスカウトの競争が激しくなっている様子が伺えます。

投稿者がビズリーチのCSの方と話したところ、リクルートダイレクトスカウトに本腰を入れて取り組んでいることを認められたようで、その言葉に感激した様子が述べられています。

この投稿からは、競争相手を意識している企業同士が、お互いに技術やサービスの向上を図っていることが伺えます。

また、投稿者自身も、競争相手の動向に注目し、自らの活動に反映させることで、転職活動において優位に立つことを目指していると感じられます。

リクルートダイレクトスカウトのメリット

  • 転職決定年収 平均925万円以上
    ※2022年度実績:2022年4月〜2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者
  • 年収800万〜2,000万円の求人を多数掲載
  • 転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1
    ※2023年オリコン満足度調査 転職

【RECRUIT DIRECT SCOUT(リクルートダイレクトスカウト)】は、リクルートが運営するハイクラス求人に特化したエグゼクティブ向け転職サービスです。

【RECRUIT DIRECT SCOUT(リクルートダイレクトスカウト)】に登録すると、匿名レジュメを見たヘッドハンター・企業からスカウトを受け取ることができます。

【リクルートダイレクトスカウトで特に転職成功率の高い職種・業界】
・金融系
・マーケティング関係
・経営、事業企画全般
・各業種に特化したコンサルタント
・機械、エンジニア系
\ハイクラスの転職サービスなら/

リクルートダイレクトスカウトのデメリット

ハイクラス向け転職スカウトサービスなので、未経験者や第2新卒の人などには向いていません。

ハイクラス転職・求人サービスはこちらからどうぞ>>>

\ハイクラスの転職サービスなら/
運営責任者
かつ

かつと申します。

印刷工場現場勤務や会計事務所職員、計測機器商社経理、不動産会社営業、中華料理店ウエイター、多角経営企業経理、僧侶の修行他で13回転職しました。

高校は工業の電子科でしたが、経理の専門学校で学習し簿記の資格を取った経理関係の職歴の年数が一番長いです。

これらの経験から得た洞察を共有し、皆さんのキャリア形成に役立つ情報を提供しています。

タイトルとURLをコピーしました