当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
面接対策仕事の悩み転職活動

出戻り転職する社員と企業双方のメリット・デメリット、成功法を解説

 

出戻り転職

出戻り転職

転職に失敗して出戻るなんて恥ずかしい」と思う方も多いかもしれませんが、恥ずかしくても出戻り転職が実は新たなチャンスであることを、この記事では紹介します。

筆者自身、転職に失敗し、恥ずかしさを感じながらも出戻り転職を成功させた経験があります。

この記事を通して、出戻り転職成功への道筋が見えてくることでしょう。

具体的には、出戻り社員としてのメリットやデメリット、企業が出戻り社員を受け入れる際のメリット・デメリットに幅広く触れ、出戻り転職を成功させるための具体的な方法を提案します。

出戻り転職は恥ずかしいかもしれませんが、過去の経験を活かし、キャリアの成長と拡大につなげる新たなスタートとして捉えましょう。

出戻り転職とは

出戻り転職とは

出戻り転職とは

「出戻り転職」とは一度辞めた会社に再雇用されることです。

ところで、転職と再就職の違いは、ブランクのあるなしなので、転職先で失敗に気づいて在職中に転職すれば真の出戻り転職でしょうけれど、ブランクがあれば出戻り再就職でしょうか?

出戻り再就職は、あまりきかないですけどね。

企業側にしてみたらどちらにしても再雇用になります。

一般的に、新たなキャリアを求めて退職した後、さまざまな理由で元の職場へ戻るケースが出戻り転職に該当します。

出戻り転職はメディアなどでは以前にはあまり聞かれませんでしたが、2016年ごろから少しずつ増加しています。

ちなみに筆者は1995年に出戻りました。

2018年にエン・ジャパン株式会社が人事向け総合情報サイト『人事のミカタ』でアンケートを実施しました。

72%の企業が「再雇用したことがある」と回答していて、2016年の調査に比べ5ポイント増加しています。

出戻り転職者を受け入れた企業では「制度としては設けていない」との回答が87%に上ります。

出戻り転職の受け入れには、その都度対応しているというのが実態です。

転職に失敗したときの選択肢

転職に失敗したときの選択肢

転職に失敗したときの選択肢

転職に失敗した場合の選択肢として、以下の3つのアプローチがあります。

  1. 転職後の会社で我慢して仕事を続ける
  2. 今までとは無関係の新たな転職先を探す
  3. 転職前の会社に出戻り転職する

転職後の会社で我慢して仕事を続ける

転職に失敗したとしても、現在の職場で仕事を続けることは選択肢の一つです。

この選択肢を選ぶ場合には次のステップとして、転職が失敗した理由を反省し今後の改善点を考えることが重要です。

転職が失敗した原因を明確に把握し、職場でのスキルや経験を向上させるための学びの機会と捉え、今後の成長につなげましょう。

今までとは無関係の新たな転職先を探す

転職が失敗した場合、新たな転職先を探すことは一つの選択肢です。

前回の転職で得た経験を活かせば、今回はより適切な求人や職場環境を選ぶことができるでしょう。

転職に失敗した理由を分析し、次回はより慎重に求人情報をチェックしたり、自身のキャリア目標に合致する求人を探すことが重要です。

出戻り転職する

転職に失敗した場合に、前職に出戻ることも一つの選択肢です。

それがこの記事のテーマになっています。

前職に戻る場合には、転職の失敗から学んだことを活かし、前職での仕事の改善点や課題に取り組むことができます。

また、前職に戻ることで安定感や環境の安心感を取り戻すことができます。

上の3つのうち、どの選択肢が最適かは個人の状況や目標によって異なります。

自身のキャリア目標将来のビジョンを再評価し、転職の失敗を成長の機会と捉え、最良の選択をしましょう。

次に、出戻り社員とそれを受け入れる企業の双方のメリットとデメリットを解説します。

出戻り転職のメリット

出戻り転職のメリット

出戻り転職のメリット

出戻り転職には、出戻り社員とそれを受け入れる企業の双方にメリットがあります。

出戻り社員のメリット

出戻り社員のメリットは、次の6つです。

  • 自分を客観的にみられる
  • 企業の雰囲気を知っている
  • 過去の経験が活かせる
  • キャリアの成長と拡大
  • 専門性の強化
  • 柔軟性と適応力の証明

自分を客観的にみられる

他社を経験したことにより、退職しなかったときよりも見える世界が広がります。

そのおかげで、以前よりも自分を客観的に見ることが出来ます。

結果的に、仕事に対する気持ちに余裕ができて、仕事を順調に進められます。

企業の雰囲気を知っている

企業を辞めてからあまり経過していなければ、企業の雰囲気や仕事の好ましい面、残念な面の両面を知っています。

勝手知ったる企業に気負わずに出戻ることができるので、全く何も知らない企業に転職するよりも心理的ハードルが低いです。

過去の経験が活かせる

過去にその職場で働いた経験は、再びその職場に戻る際の大きな資産となります。

職場の文化や業務プロセスに精通しているため、再入社後の適応期間が短くなり、すぐに成果を出すことが可能です。

辞めたときと同じ仕事なら手順を覚えているので、出社したその日からすぐに仕事に取りかかれます。

一から教えてもらわなくても大丈夫です。

キャリアの成長と拡大

出戻り転職は、キャリアの停滞を避け、キャリアパスを拡大するための有効な手段です。

過去に勤めていた職場に戻ることで、新たに獲得したスキルや経験を活かし、以前よりも高いポジションやより責任ある役割を担うチャンスを得られます(キャリアの縦の成長)。

さらに、出戻り転職を通じて、新たな視点やスキルを活かし、キャリアの可能性を広げることができます。

これにより、新しい分野や役割への挑戦が可能となり、職業生活で新しい方向性を模索する良い機会となるでしょう(キャリアの横の成長)。

専門性の強化

元の職場へ戻ることは、異なる環境で獲得した経験やスキルを活かし、それらを以前のポジションに応用することで、専門性を強化することができます。

例えば、新しい技術の取り入れや、異文化間コミュニケーションの強化など、これまでにない視点を職場にもたらすことが可能です。

これにより、自身のキャリアに新たな価値を創出し、専門性を次のレベルへと引き上げることができます。

柔軟性と適応力の証明

出戻り転職は、個人が新しい環境に適応し、さまざまな状況で柔軟に対応できる能力を持っていることの証明となります。

変化の速い現代の職場では特に価値が高まります。

出戻り転職を経験することは、個人の能力を広く証明する機会となります。

出戻り社員を受け入れる企業のメリット

出戻り社員を受け入れる企業のメリットは次の3つです。

  • 即戦力になる
  • 安心できる
  • 以前よりも良く働いてくれる

即戦力になる

出戻り転職者が辞めた時と同じ仕事で出戻るのであれば、即戦力になるので企業としては、基本ウェルカムでしょう。

戻ったときからいきなり活躍してもらえるので、一から教育する時間と労力が省けます。

また、逆に経験値が増えているので、職場に新しい価値をもたらすことも期待できます。

安心できる

出戻り転職者については、その人柄や性格、仕事ぶりが以前の勤務期間によって既にある程度理解されています。

このため、企業側はその人がどのような人物であるかを知っているため、新たに採用する際の不確実性が減少し、安心して迎え入れることができます。

以前よりも良く働いてくれる

出戻り転職者は、再雇用を承諾してくれた企業への感謝の念や恩返しの意識が強いです。

転職の経験を経て、自分のキャリアや働き方について深く考え、成長も見られます。

そのため、以前の勤務期間よりも高いモチベーションで仕事に取り組むことが多く、生産性の向上や職場の雰囲気改善に貢献することが期待できます。

結果として、以前よりも良く働いてくれることが多いものです。

出戻り転職のデメリット

出戻り転職のデメリット

出戻り転職のデメリット

出戻り転職には、出戻り社員とそれを受け入れる企業の双方にデメリットもあります。

出戻り社員のデメリット

出戻り社員のデメリットは次の7つです。

  • 人間関係の再構築に悩む
  • 同僚や上司に申し訳ない
  • 恥ずかしい
  • 違う仕事の可能性
  • 過去に退職した問題の再発
  • キャリア形成が不安定になる
  • 期待の不一致

人間関係の再構築に悩む

自分がいない間に、同僚や上司の職位が変更されていることがあり、これにより新しい立場での人間関係を再構築する必要が生じます。

この状況は、話し合いや互いの期待を合わせることを難しくするかもしれません。

しかし、柔軟な姿勢とオープンなコミュニケーションを心がけることで、これらの課題を乗り越えることができるでしょう。

同僚や上司に申し訳ない

自分の退職によって退職時の引き継ぎでバタバタしてしまい、迷惑を掛けた同僚や上司に負担をかけてしまって申し訳ないという気持ちがいつまでも残ります。

この申し訳ないという気持ちを持ちながらも、正直に気持ちを伝え、職場で一生懸命働くことで、少しずつでもその申し訳なさを減らしていけます。

恥ずかしい

退職時に盛大な送別会で送り出してもらっている場合があります。

出戻ることになって「どのツラ下げて」までは思われていないかも知れませんが、自分としてはとても恥ずかしいです。

違う仕事の可能性

出戻り転職するタイミングによっては企業の事情が変化しているので、退職した時と違う仕事に就かなければならない事があります。

その時には、一から仕事を覚えるチャレンジ精神が必要です。

過去に退職した問題の再発

出戻り転職を考える時、過去に退職した問題が解決されているかどうかを慎重に考える必要があります。

もしも退職の理由が組織の文化や方針に関係していた場合、再度同じ問題に直面する恐れがあります。

キャリア形成が不安定になる

出戻り転職を含め、短期間での頻繁な転職が繰り返されると、キャリア形成が不安定になり、長期的な目標達成が難しくなる恐れがあります。

期待の不一致

出戻り転職では、個人と企業双方が互いに期待を明確に共有し、合意することが重要です。

そうしない場合、満足のいく結果につながらないリスクがあります。

特に、職務内容やキャリアパス、給与や評価基準などに関する期待が異なると、双方にとって不利益な結果を招くことがあります。

出戻り社員を受け入れる企業のデメリット

出戻り社員を受け入れる企業のデメリットは次の4つです。

  • 社員間の軋轢
  • 新ルールに不適応
  • 円満退社でなかった
  • 期待の不一致

社員間の軋轢

出戻り転職者のキャリアにブランクができています。

退職してから現在までの期間中に新たに入社した社員との間に軋轢が生じます。

新ルールに不適応

出戻り転職者が辞めた時と現在とでは、企業のルールが変わっている場合があり、その新しいルールに適応してくれないことがあります。

円満退社ではなかった

円満退社していない場合、特に小さな会社で、出戻り転職の話が経営層だけで進められていて、チーム全体の合意がない場合、再雇用は困難を伴うことがあります。

円満な状態で退職していないと、出戻り転職者を受け入れたくないと感じている現場のチームメンバーからの抵抗に直面する恐れがあります。

期待の不一致

出戻り転職者を受け入れる際には、企業としても個人との期待を明確に共有し、合意に至ることが重要です。

職務内容、キャリアパス、給与、評価基準などに関する期待が一致していない場合、組織内での調整やパフォーマンスへの影響が生じる恐れがあります。

出戻り転職者との期待を明確にし、合意することにより、双方にとって有益な関係を築くことができます。

出戻り転職を成功させる方法

出戻り転職を成功させる方法

出戻り転職を成功させる方法

筆者は自分で言うのも何ですが、出戻り転職成功者です。

ただ筆者の場合に少し一般的ではないのは、辞めた後に他の企業に転職したのではなく、僧侶になるための修行をしたことです。

万が一、僧侶になれなかった場合に出戻り転職が断られなければ、再び同じ会社でお世話になりたいと内心、思っていました。

退職した後に別の会社に転職するかしないかの違いはありますが、元の会社に出戻ったことで、出戻り転職に違いはないでしょう。

筆者の経験と調査した情報から「出戻り転職を成功させる方法」6点お伝えします。

  1. 在職中は一生懸命に仕事をする
  2. 在職中の人間関係を良好に保つ
  3. 円満退社は最低限必要
  4. 自己分析を深めキャリアプランを見直す
  5. 出戻り転職に際して前向きな理由を明確にする
  6. 以前の同僚や上司との良好な関係を維持する

在職中は一生懸命に仕事をする

出戻り転職の成功と失敗を分ける明暗は、極端に言えば入社した時からすでに決まっています。

仕事の能力がない人間を、企業は再雇用したいとは思わないでしょう。

会社では誰が見ていても見ていなくても、とにかく仕事を一生懸命して成果をあげましょう。

在職中の人間関係を良好に保つ

出戻り転職成功のためには、仕事の能力だけでは不十分です。

以下の3つのポイントを特に意識しましょう。

  • 良い人柄を保つ
  • 協調性を維持する
  • 周りの社員から好かれる

全社員と仲良くするのは不可能ですが、できるだけ多くの社員の人たちとの人間関係を良好にしておきましょう。

さらに、経営陣にも気に入られておきましょう。

筆者が出戻り転職した時には出戻ってくることに抵抗のある人もいたと思いますが、会社上層部からの信頼は得ていたと思うので出戻り転職は成功しました。

筆者の出戻り転職を受け入れていただいた会社の皆様には、いまでもとても感謝しています。

円満退社は最低限必要

「立つ鳥跡を濁さず」の言葉通り、円満退社するのは出戻り転職には最低限必要です。

普段の仕事は真面目で一生懸命に仕事をしていたとしても、いざ辞める時に引き継ぎもいい加減にして辞めていけば会社に迷惑がかかっています。

就業規則に決めてあることを遵守して、できるだけキレイに円満に辞めましょう。

辞めていく時の最後の印象は、いつまでも社員達の記憶に残ります。

ちなみに筆者は辞めたあとすぐに僧侶の修行場に行く必要がありましたが、退職予定日が過ぎても出勤して仕事の引き継ぎをしました。

他の社員からはスタンドプレイに見えたかもしれませんが、ちゃんと引き継ぎたかったので一生懸命やりました。

社長からは「まだいるの?」と心配されてしまったほどです。

愛すべき良い企業だと思っているのなら出戻り転職してもしなくても、辞める時には円満退社をしましょう。

それが出戻り転職の成功につながります。

ただそうはいっても、良い会社ならいいですが、ブラック企業なら出戻り転職するしないにかかわらず、円満に退職しようとしても円満退職は出来ないでしょう。

ブラック企業に勤めていて絶対に出戻り転職をしないどころか、今すぐに辞めたければ円満退社は無理にする必要はありません。

自己分析を深めキャリアプランを見直す

自己分析を深め、キャリアプランを見直すことは、出戻り転職において重要なステップです。

次の4つの方法で自己分析を深めてキャリアプランを見直しましょう。 

  • 前に辞めた理由を思い出して再評価し、その時の決断が何の学びにつながったのかを振り返る
  • 自分が仕事において何を最も価値あるものと考え、どのようなキャリアを築きたいのかについて、価値観と優先順位を明確にする
  • 離職期間中に習得した新たなスキルや経験を整理し、それらが戻りたい会社でどのように役立てることができるかを検討する
  • 出戻り転職のメリットとデメリットを考え、それらが自身のキャリア目標にどのように影響するかを慎重に検討する

出戻り転職に際して前向きな理由を明確にする

出戻り転職を考えるとき、以前の会社に戻りたいと思う前向きで明るい理由をしっかり伝えることが大切です。

これにより、自分が以前とは違う、新たな価値を会社に提供できることを示せます。

以下の4つのポジティブな理由をしっかり伝えて、再び会社で価値あるメンバーとして認められるようにすることが重要です。

  • 離れていた期間に新しいスキルや経験を身につけ、それがどう前の職場で役立つかを説明する
  • 他の業界や職種での経験から得た新しい視点を会社の成長や問題解決にどう活かせるかを話す
  • 前に辞めた時に達成できなかった目標やプロジェクトを完成させたいという強い動機を持つ
  • そして会社への強い忠誠心や貢献したいという願いを持つ

以前の同僚や上司との良好な関係を維持する

出戻り転職を成功させるためには、前職での同僚や上司との良好な関係を維持することが効果的です。

ちなみに会社を辞めた今でも、元上司とは連絡を取り合っています。

これを実現するためには、次の4つの施策が有効です。

  • 企業を離れている間も定期的に彼らと連絡を取り合い、近況を報告する
  • 仕事やキャリアに関するアドバイスを求めたり、新しい業界の知識や技術、経験を共有したりする
  • 過去のサポートやアドバイスに対して感謝の意を示す
  • ランチやカジュアルな飲み会など、対面で会う機会を設けることで、より個人的なつながりを再構築し、リラックスした環境でコミュニケーションを取る

これらのアプローチにより、前職での同僚や上司との良好な関係を維持し、相互の尊重と感謝を育み、出戻り転職を成功させるためのサポートを得ることができます。

出戻り転職における面接のポイント

出戻り転職における面接のポイント

出戻り転職における面接のポイント

出戻り転職の面接は、前もって出戻りが内定している場合、通常の転職面接に比べて形式的なものになることが多いようです。

しかし、これは人や組織によって異なる場合があります。

  • 正式な出戻り転職の面接
  • 出戻りが内定している場合

正式な出戻り転職の面接

出戻り転職の面接では、自分が元の会社に戻りたいと思った正直かつ前向きな理由を説明することが重要です。

例えば、以下の4つのようなポイントを心がけて、なぜ自分が再び会社に貢献できるのかを明確に伝えることが面接での成功につながります。

  • 新しい経験を求めて離れたが、会社の文化やチームワークが自分に合っていると感じて戻りたいといった具体的な理由を伝える
  • 離職期間中に学んだことや成長した点を強調し、新しいスキルの獲得や異なる業界で働くことで得た視野の拡大など、自分がどのように進化したかを具体的に説明する
  • 自分だけでなく、会社や業界の変化にも触れ、それにどのように適応し、貢献できるかについても話す
  • 例えば、過去には小規模プロジェクトに関わっていたが、今はより大きなプロジェクトに挑戦したいといった展望を示す

出戻りが内定している場合

出戻りが内定している場合の面接では、次の3つが話し合われます。

  •  離職期間中にどのような経験をして、どのように成長したかを共有し、以前とはどのように違う貢献ができるか
  • 組織の最新の状況や変化を理解し、自分がどのようにフィットするかを把握する
  • 出戻り社員と企業の「期待が一致」するかを確認し、再入社によって双方が望む成果を達成できるようにする

内定している場合の面接は、以前の雇用主との関係が良好であれば、通常は比較的スムーズに進行します。

出戻り社員の再入社後の心構えと行動

出戻り社員の再入社後の心構えと行動

出戻り社員の再入社後の心構えと行動

希望通りに、前の会社に戻れた出戻り社員が、再入社した後の心構えと行動について3つ説明します。

  • 人間関係の再構築
  • 新しいルールや変化に柔軟に対応
  • 過去の経験を活かしつつも新たな姿勢で臨む

人間関係の再構築

まずは、出戻り社員は、職場内の人間関係の再構築に積極的に取り組む必要があります。

以前の人間関係に囚われることなく、すべての人と新たな人間関係を築き上げることを意味します。

さしあたって、同僚や上司とのコミュニケーションを重視し、誠実かつ積極的な姿勢で接しましょう。

新しいルールや変化に柔軟に対応

退社してから何ヶ月もしくは何年か経過しているかはさまざまですが、再入社後は職場のルールや業務プロセスが変化している可能性が高いです。

新しい環境に柔軟に適応する姿勢が求められます。

変化への適応力を示すことで、出戻り社員としての価値を高め、職場におけるポジティブな影響を与えることができます。

過去の経験を活かしつつも新たな姿勢で臨む

出戻り社員は、過去に培った経験や知識を有効活用しつつも、過去の成功や失敗に捉われず新しい視点と意欲をもって業務に取り組むことが望ましいです。

過去を教訓として活かしながらも、革新的な思考を持ち、組織に新たな価値をもたらすことが重要です。

以上の点を心掛けることで、出戻り社員は再入社後の職場で成功するための基盤を築くことができます。

ものすごく簡単に言いますと、次の3つが大切だということです。

  1.  「みんなと仲良くする」
  2. 「新しいルールに慣れる」
  3. 「前の自分に頼らず、新しい自分を見せる」

まとめ

出戻り転職は、転職に失敗した場合や新たなキャリア形成を目指す一つの手段として注目されています。

出戻り転職のメリットとしては、過去の経験が活かせることや企業の雰囲気を既に知っていることが挙げられます。

一方で、人間関係の再構築や過去に退職した理由の再発などのデメリットも存在します。

出戻り転職を成功させるためには、自己分析を深めキャリアプランを見直し、前向きな理由を明確にすることが重要です。

出戻り転職を検討する際は以下の3点を考慮しましょう。

  1. キャリアの目標や働きたい条件が明確か
  2. 人間関係の再構築が可能か
  3. 過去の経験を如何に活かせるか

これらを踏まえ、出戻り転職は、適切な準備と心構えがあれば、キャリアの成長と拡大に繋がる可能性を秘めています。

最後にですが、出戻り転職を成功させるには、在職中に一生懸命仕事をし、円満退職することが最低限必要です。

出戻り転職をしたいと強く希望した結果、出戻れたのなら願いがかなったので、以前にもまして一生懸命仕事をして企業や関係者に恩返しをしましょう。

では出戻り転職の成功を心からお祈りいたします。

運営責任者
かつ

かつと申します。

印刷工場現場勤務や会計事務所職員、計測機器商社経理、不動産会社営業、中華料理店ウエイター、多角経営企業経理、僧侶の修行他で13回転職しました。

高校は工業の電子科でしたが、経理の専門学校で学習し簿記の資格を取った経理関係の職歴の年数が一番長いです。

これらの経験から得た洞察を共有し、皆さんのキャリア形成に役立つ情報を提供しています。

タイトルとURLをコピーしました