当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
職場の人間関係

上司との良好な人間関係構築のためのコミュニケーション術

この記事を読む時間の目安 約 7分
上司との人間関係

上司との人間関係

上司との人間関係に悩んでいませんか?

この記事は、その問題を解決する手助けとなるでしょう。

コミュニケーション不足や上司の権威主義的な態度など、一般的な問題点を理解し、それぞれに対する効果的な対処法を提供します。

この記事を読むことで、上司との良好な人間関係を築くためのコミュニケーション術を学び、職場でのストレスを軽減し、より良いパフォーマンスを発揮できるようになります。

リスペクトと理解、アクティブ・リスニング、オープンなコミュニケーションなど、具体的なスキルを身につけることで、上司とのコミュニケーションが円滑になることを保証します。

さらに、自己向上に努める方法や上司への報告方法についても触れています。

上司との人間関係における一般的な問題点

上司との人間関係における一般的な問題点は、以下のようなものがあります。

  • コミュニケーション不足
  • 上司の権威主義的な態度
  • マイクロマネージメント
  • 不公平な評価

コミュニケーション不足

コミュニケーションの不足は最も一般的な問題です。

上司と部下の間で意見や情報が十分に交換されていないと、互いの期待や目標が不明確になり、結果として誤解や衝突を生む恐れがあります。

上司の権威主義的な態度

上司が自分の意見や決定を強制し部下の意見を無視または軽視する傾向がある場合、これは人間関係に悪影響を及ぼす恐れがあります。

マイクロマネージメント

上司が部下の仕事に細かく口を出す傾向がある場合、部下の自主性や創造性を制限し、ストレスを引き起こす恐れがあります。

不公平な評価

上司が部下の業績を公正に評価しない、または一部の部下を他の部下よりも優遇する傾向がある場合、人間関係に対する信頼を損なう恐れがあります。

これらの問題は上司と部下の間の信頼関係を損ない、職場の生産性と士気を低下させる恐れがあります。

しかし、適切なコミュニケーションと理解によって、これらの問題は克服可能です。

こちらは経理業務で上司に良い評価をもらう方法です。

コミュニケーションの重要性

コミュニケーションは上司との良好な人間関係を築くための基石です。

その理由は以下の通りです。

  • 互いの理解を深める
  • 信頼関係を構築する
  • コンフリクトを解決する
  • チームワークを強化する

互いの理解を深める

適切なコミュニケーションを通じて、上司の期待や指示を正確に理解することができます。

また、自身の意見や感情を上司に伝えることで、上司もあなたの立場や視点を理解することができます。

信頼関係を構築する

頻繁かつ正直なコミュニケーションは、互いの信頼を築くための重要な手段です。

信頼関係があると問題や課題を共有しやすくなり、一緒に解決策を見つけることができます。

コンフリクトを解決する

コミュニケーションは、異なる意見や要求などがぶつかりあっている緊張状態(コンフリクト)を解決するための重要な手段です。

適切なコミュニケーションを通じて互いの視点を理解し、共通の地盤を見つけることができます。

チームワークを強化する

上司と部下の間の良好なコミュニケーションは全体のチームワークを強化します。

共通の目標に向かって効率的に働くために不可欠な要素です。

以上のように、コミュニケーションは上司との良好な人間関係を築くための重要な要素であり、その重要性は決して過小評価することはできません。

上司との良好な人間関係構築のためのコミュニケーション術

上司は部下の成長が楽しみ

  • リスペクトと理解
  • オープンなコミュニケーション
  • アクティブ・リスニング

リスペクトと理解

上司に対する尊敬の念は、良好な人間関係を築くための基盤です。

尊敬は、コミュニケーションの際に敬意を持って話すこと、上司の意見や視点を価値あるものとして受け入れることを意味します。

また、上司の立場や視点を理解するためには、上司が直面している課題や責任を理解し、それに対する共感を示すことが重要です。

アクティブ・リスニング

上司の言葉を、

  • 注意深く聞き
  • 理解し
  • 適切に反応する

ことは上司との信頼関係を築くために重要です。

アクティブ・リスニングは上司が話している間に目を見つめ、頷く、適切な質問をするなど、自分が聞いて理解していることを示す行為です。

これにより、上司は自分の意見が尊重され、理解されていると感じるでしょう。

オープンなコミュニケーション

自分の意見や感情を適切に表現することは、上司との良好なコミュニケーションに不可欠です。

具体的には、自分の意見を明確に伝えるとともに、その背後にある感情や動機も共有することが重要です。

また、あなたの行動に対して、上司から改善点や評価を伝え軌道修正を促すことを受け入れる姿勢は、自己改善と成長につながります。

上司との人間関係が良いことのメリット

上司との人間関係が良いと得すること

上司との人間関係が良いことのメリット

上司との人間関係が良いと、

  • 会社に行くのが楽しくなります
  • 仕事をしていても上司がストレスの原因になることはありません
  • 業務効率も良くなります

逆に上司との人間関係が悪いと、

  • 会社に行くのが億劫になって通勤がつらくなります
  • 意思疎通がうまくいきません
  • 業務効率が悪くなります

上司との人間関係だけが良くてもダメですが、やはり基本は人間関係なので、普段から上司との人間関係を良好に保てていれば高評価に結びつきます。

上司からの評価が良いと、昇進給料が上がる可能性が出てきます。

上司との人間関係を良好に保つことには、たくさんのメリットがあります。

筆者が上司との人間関係を良好にした別の方法

上司との人間関係のストレスをなくす方法

今まで筆者は転職を13回しています。

上司以外との人間関係の悪化で辞めた会社は何社もありますが、上司との人間関係が原因で辞めたことは一社もありません。

上司との人間関係を良好に保つと、仕事で自己実現やスキルアップを実現できる機会が広がります。

以下が、筆者が上司との人間関係を良好に保つために心がけたことです。

  • 自己向上に努めて優秀な部下になる
  • 会社中心の思考を持つ
  • 上司への報告でストレスを発生させない

自己向上に努めて優秀な部下になる

会社で必要な、自分の専門領域の知識や技術を常に最新の状態に保ちましょう。

常に新たなスキルを習得することで、より多角的な視点で仕事に取り組むことができます。

また、上司からの意見は自己改善のための貴重な情報源なので、自分に言ってくれたことは真剣に受け止め、それを自己改善のために活用しましょう。

  • 約束を守る
  • 期限を守る
  • 誠実に仕事に取り組む

など、信頼される行動を心がけることで、上司からの信頼を勝ち取ることができます。

自分自身を優秀な部下に成長させることで上司の評価も高まるので、上司との良好な関係を築くことができます。

会社中心の思考を持つ

会社は商品やサービスを提供して利益をあげ続ける組織なので、利益をあげなければ会社は存続できません。

社会に役立つ商品やサービスは、社会に認められ支持されて利益が発生し、雇用されている社員に給与が支給されます。

会社が豊かになれば自分も豊かになれるので、会社で働くときは自分を中心に物事を捉えたり考えたりするのではなく、会社中心の思考を持ちましょう。

自分中心ではなく会社中心、もしくは創業者社長ならどう考えるだろうかという、考えをもちましょう。

上司への報告に気を使う

上司との人間関係を円滑にするには、上司への報告に気を使うことです。

上司への報告の順番は、

  1. 事実を報告する
  2. 解釈を述べる
  3. 根拠を述べる

が、いいです。

事実を報告する

まずは、いま現状で何が起きているかを、端的にまとめて事実を報告しましょう。

伝えるべき現状がポジティブでもネガティブでも、事実を正確に伝えましょう。

上司は現状で、何が起きているかを知りたいです。

次の一手を決めるために、正確な判断材料が欲しいのです。

部下は、失敗を隠すなどの自分を守るために、曖昧な報告や嘘の報告をしてはいけません。

解釈を述べる

事実を淡々と報告したあとには、自分の解釈を述べましょう。

ただ報告だけでは、なにも考えていないという判断をくだされてしまいます。

前向きに試行錯誤しながら仕事をしていたら、事実に対する自分なりの解釈があるはずです。

上司と人間関係のストレスが発生するのは、

  • 事実と解釈の順番が逆
  • 事実だけ
  • 解釈だけ

だったりするからです。

上司は良くても悪くても事実が知りたいので、事実と解釈を混ぜないできちんと分けて報告しましょう。

根拠を述べる

次に上司からは必ず、解釈した根拠を聞かれるでしょう。

根拠の優先順位は、

  1. 数字(勘で言ってるのではない)
  2. 仮説を立てる (似たデータで理論を組み立てる)
  3. 経験談(アイデアとして1例を出す)

優先順位は、1番目の数字が一番高いです。

しかし、具体的な数字が出せなければ、2番目の仮説3番目の経験談で解釈の根拠を述べて報告しましょう。

上司への報告がうまくいかないとお互いにストレスになるし、報告がうまくいけば上司からできる部下だと思われ、お互いにノーストレスです。

上司への報告は、

「事実」→「解釈」→「根拠」

の順番で正確に報告しましょう。

参考:

もしこんな上司だったら

同じ目的を持った職場で働く上司との人間関係を良好にするには、同じ会社で働く同士として認め合い協力しあって仕事をすることが理想です。

上司がどんな言動をしているかを会社を中心として見たときに、上司が利益を損なうような発言をすることがあります。

その上司は上司としての責任を果たしていません。

働いている社員の健康や利益を損なうような上司は会社に不要なので、上司が会社の利益を失わせるようなことを言っていると思ったら上司の上司に相談しましょう。

上司と意見が違ったときは

あなたと上司には立場の違いがあるだけなので、同じ職場で働く仲間として、より良い会社にしていきましょう。

お互いに、いい意味で切磋琢磨していれば、人間関係は良好に保たれると思います。

たとえ上司と意見の食い違いがあっても対立しないで、まずは上司の立場を理解しましょう。

自分を大切にしよう

筆者は決して社畜をすすめているわけではありません。

視点を会社中心にするだけであり、自分の意思と良心を放棄するわけではありませんし、会社に飼いならされるわけでもないし、サービス残業や転勤もいとわないわけではありません。

自分を一番大切にしましょう。

まとめ

筆者は30代前半の頃から上司として部下をもっていました。

部下の中には仕事に消極的な部下や、積極的ですごく優秀な部下がいましたが、どんな部下も悩みを抱えながら一生懸命に仕事をしていました。

自分の指導の元、部下が仕事を覚えてしっかりこなし業績をあげてくれるのを期待していたし部下の成長が楽しみでした。

上司と部下は立場が違うだけで同じ目的をもった会社に属しているのだから、お互い協力しあって会社の業績を伸ばしていけばいいのです。

会社が発展しなかったら、誰の給料も増えないですから。

上司との人間関係を良くして快適な会社生活を過ごしてくださいね。

以上ですが、参考になりましたでしょうか?

あなたも上司も人間なので好き嫌いや得手不得手があると思いますが、今の会社で頑張るのなら上司との人間関係を良好にして仕事をするのがマストになります。

しかし、どう頑張っても上司との人間関係がうまくいかないことがあります。

上司との人間関係が悪くて会社を辞めたいけど退職の旨を言いにくいなら、退職代行サービスがあります。

運営責任者
かつ

仕事の悩みやキャリアアップ、より良い職場環境を求めて転職を考えている方へ

このサイトでは、キャリア形成に役立つ実用的な情報を発信しています。

私は税務会計の専門学校を卒業しましたが、発達障害が原因で企業や修行僧などへの転職を13回繰り返しました。

よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました