当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
転職

転職の面接で必須の志望動機!履歴書への書き方と面接での伝え方

転職の面接で必須の志望動機!履歴書への書き方と面接での伝え方

転職の面接で必須の志望動機!履歴書への書き方と面接での伝え方

転職面接で特に悩むのが「志望動機」の部分ではないでしょうか。

何が自分の本当の動機なのか、それをどう表現すればよいのか。

この記事を読むことで自分の志望動機を明確にし、それを適切に伝える方法を理解することができます。

様々なシチュエーションや職種に対応した具体的な志望動機の例も準備しています。

あなたの志望動機をしっかりと形に履歴書に書くことと、面接官に伝えることで、転職成功への道が開けます。

それでは記事の詳細をご覧ください。

志望動機とは

志望動機とは

志望動機とは

転職面接で必ず聞かれる「志望動機」とは、

  • なぜこの企業・職種を選んだのか
  • どういう理由でこの仕事に興味を持ったのか

です。

志望動機は、

  • あなたのやる気や熱意
  • その仕事や企業に対する理解度を確認するため

に非常に重要なポイントとなります。

志望動機は、

  • 自分の過去の経験やスキルを
  • 企業・職種の求める条件や要件を照らし合わせ
  • 自分がどう貢献できるのかを考えること

で作り出すことができます。

具体的には、

  • 自分が興味を持った職種・業界の魅力
  • 自分がその企業に求めるもの
  • 自分の過去の経験やスキルとその職種・企業との関連性

などを示すことが重要です。

また、志望動機は簡潔明瞭に伝えることが求められます。

企業が求める人物像や理念に共感することをアピールし、自分がその企業で働くことでどんな成果を出したいのかを伝えることがポイントです。

面接官が志望動機を聞く理由

面接官が志望動機を聞く理由

面接官が志望動機を聞く理由

面接官が志望動機を聞く理由をお伝えします。

転職の面接で最も重要な質問の一つが「志望動機」です。

面接官は、あなたがなぜこの企業に興味を持ち、ここで働きたいと思っているのかを知りたいと思っています。

なぜなら採用する人材が、企業のビジョンや目的に共感してくれていると、

長期的に働いてくれる可能性が高い

と考えているからです。

また面接官は、あなたの志望動機から、

  • あなたの職務に対する理解度や情熱
  • モチベーション
  • キャリアプラン

についても推測します。

これは企業にとって、長期的な人材戦略を考える上で非常に重要な要素です。

面接官が志望動機を聞く理由は、あなたの意思決定プロセスを知ることで、あなたが採用にふさわしい人物であるかどうかを判断することです。

そのため転職の面接で志望動機に関する質問に備えて、熟考し、具体的かつ説得力のある回答を用意することが大切です。

志望動機の作り方

志望動機の作り方

志望動機の作り方

志望動機として良い回答ができれば、採用につながる可能性が高いです。

では、どのように志望動機を作れば良いのでしょうか。

まずは「三つの構成要素」を意識しましょう。

それは、

  • 企業研究
  • 自己分析
  • 両者のマッチング

です。

自己分析の記事です。

具体的には、

  1. 応募企業の特徴やビジョン、業界動向などを調べる
  2. 自分の強み・弱み、過去の経験・実績、将来のキャリアプランなどを整理する
  3. 企業にどのような貢献ができるかを考える。

また、回答のポイントとしては、

  • 具体性
  • 熱意
  • 合理性

が挙げられます。

たとえば、

  • 「この企業でこういう仕事がしたい」というような明確なビジョンを持っていること
  • その仕事に熱意を持っていること
  • 応募企業と自分のキャリアプランが合理的にマッチしていること

を伝えると良いでしょう。

最後に、自分で書いた志望動機を誰かに読んでもらってフィードバックをもらうことも大切です。

面接官に伝える前に自信を持って回答できるように、練習を積んでおきましょう。

志望動機が複数ある場合

志望動機が複数ある場合

志望動機が複数ある場合

複数の志望動機を持つ場合には、どの志望動機を最優先に考えているかも伝える必要があります。

それぞれの志望動機に対して、どの程度の優先順位があるのかを明確にすることで、自分自身の志望度を面接官に伝えることができます。

複数の志望動機を持っている場合でも、それぞれの志望動機が矛盾していないことを確認することも重要です。

あまりにも相反する志望動機を伝えてしまうと、面接官からの信頼を失うことになりかねません。

以上の点に留意しながら、複数の志望動機を持つ場合には、それぞれの志望動機に対して具体的に説明し、自分自身のアピールにつなげるようにしましょう。

志望動機の履歴書への書き方

志望動機の履歴書への書き方

志望動機の履歴書への書き方

転職の履歴書において、志望動機は重要なポイントの一つです。

履歴書での志望動機の書き方については、簡潔明瞭かつ具体的に記載しましょう。

履歴書に書く際には職務内容に対して、

  • 自分がどう貢献できるか
  • どう成長できるか

などをアピールすると良いでしょう。

また、志望する企業のミッションやビジョンに共感し、自分自身がその企業に貢献したいという強い思いを表現することも効果的です。

ただし、志望動機は簡潔にまとめることが求められるため、あまりにも長文にならないように気をつけましょう。

一般的に履歴書に書く「志望動機」の文字数は、200〜300文字とされています。

ただし、応募企業から文字数を指定されている場合や、提出する書類によって文字数は変化するので、適宜、調整してください。

※履歴書に書く場合は「貴社」と書きましょう。

転職面接での志望動機の伝え方

転職面接での志望動機の伝え方

転職面接での志望動機の伝え方

志望動機は転職面接で最も聞かれる質問の1つであり、自己アピールの重要なポイントです。

一般的に履歴書には簡潔にまとめた内容を記載しますが、面接での伝え方については、履歴書の丸暗記ではいけません。

面接ではその内容を具体的に説明し、自分の経験やスキルと照らし合わせながら、熱意を伝える必要があります。

また、履歴書には書ききれなかった、具体的な理由やエピソードを語ることで、面接官に自分自身をより深く理解してもらうことができます。

面接での伝え方は事前に準備をし、自然な口調で自分の言葉で説明することが重要です。

自分自身の想いを正直に表現し、面接官にアピールできるようにしましょう。

※面接で伝える場合は「御社」と書きましょう。

転職面接での志望動機は、自己PRの一環として非常に重要です。

しかし、適切な回答ができなければ、採用担当者から印象が悪くなることもあります。

ここでは、転職面接での志望動機の回答例について解説します。

OKの回答例は、自己PRを含め、会社や業界に対する理解や興味をアピールする内容です。

例えば「御社は技術力が高く、社員の方々が専門知識を持っていることに魅力を感じました。自分も、IT技術に興味があり、今後もスキルアップしていきたいと思っております。」といった具体的な志望理由を伝えることが大切です。

一方、NGの回答例は、自己PRが足りない内容や、業界や企業に対する理解不足が感じられる回答になります。

例えば、「業界が好きなので、御社に興味を持ちました。」といった、あいまいな回答や、「高収入が目的なので、御社に応募しました。」といった金銭的な動機を主張する回答は、好ましくありません。

志望動機を考える際には、自分自身のキャリアプランや、企業や業界に対する深い理解を示すことが大切です。

そのため、前もって企業や業界について調べ、自分なりの志望理由を考えることが重要です。

シチュエーション別志望動機の例

シチュエーション別志望動機の例

シチュエーション別志望動機の例

転職面接での志望動機は、採用担当者が応募者の適性や意欲を判断する上で非常に重要なポイントです。

そのため、シチュエーション別に適切な志望動機を用意することが必要不可欠となります。

以下は、履歴書に書く場合の例ですので、面接で話す時には内容を具体的に説明し、自分の経験やスキルと照らし合わせながら、熱意を伝えてください。

また、履歴書には書ききれなかった、具体的な理由やエピソードを語ることで、面接官に自分自身をより深く理解してもらうことができます。

自然な口調で自分の言葉で説明しましょう。

同職種

同職種の場合は、自身が前職で培ったスキルや経験を活かして、新たなキャリアに挑戦したいという意欲を示すことが重要です。

【同職種例1】
「同業種の企業で働いた経験があり、自分が得意な業務であることから、貴社でスキルアップしたいと考えました。特に貴社の取り組みや価値観に共感し、自分の力で貢献したいと思います。」

【同職種例2】
「同職種で転職を考えた理由は、現在の職場でのスキルアップが限られたためです。貴社の職場環境は、技術力が高く、チームワークが良好であることから、自分の成長につながると考えました。また、貴社が開発する製品には高い技術力が必要であり、自分自身が目指しているレベルとマッチすると感じました。」

未経験

未経験の場合は、その業界や職種に対する熱意や学習意欲をアピールすることが大切です。

【未経験例1】
「今回の転職は新たな分野にチャレンジするために決めました。貴社は未経験者でも丁寧に教育・育成してくれるという評判を聞き、自分のスキルアップのために貴社で働きたいと思います。」

【未経験例2】
「未経験で転職を考えた理由は、自分自身が興味を持っている分野であり、貴社の業務内容に魅力を感じたためです。この業界で成長するためには、基本的な知識と経験が必要だと考えており、貴社の育成研修が充実していることから、スキルアップにつながると思いました。また、熱意と向上心を持って、仕事に取り組めると自負しています。」

第二新卒

第二新卒の場合は、前職での失敗や挫折を乗り越え、新しい環境で再チャレンジしたいという思いを伝えることが効果的です。

【第二新卒例1】
「前職で培った経験と、貴社で身につけたいスキルを融合し、貴社で成長していきたいと考えています。また、若い世代の活躍が期待される貴社で、自分の能力を発揮できる環境に魅力を感じています。」

【第二新卒例2】
「第二新卒として転職を考えた理由は、自分自身が就職した企業の業界とキャリアパスに疑問を感じたためです。貴社は、新しいことに挑戦し続ける姿勢が魅力的であり、自分が目指すキャリアパスにマッチすると感じました。また、貴社が注力している技術やサービスに興味を持ち、貢献できると思います。自分自身の成長と、貴社に貢献したいという意欲を持っています。」

外資系企業

外資系企業への転職では、グローバルな視野や多様な文化に対する理解を示すことが必要です。

【外資系企業例1】
「外資系企業で働くことによって、異文化に触れる経験を得られると同時に、グローバルに活躍するために必要な英語力やコミュニケーション力を身につけたいと思い、貴社を志望しました。」

【外資系企業例2】
「外資系企業への転職を考えた理由は、グローバルな視野を持ち、多様な文化に触れ、スキルアップするためです。貴社は、グローバルに展開する事業に強みを持っており、自分が目指すキャリアにマッチすると思いました。また、英語力を活かせる環境にあることから、スキルアップにつながると考えました。自分自身の成長と、貴社に貢献したいという気持ちを持っています。」

フリーターから正社員転職

フリーターからの正社員転職の場合は、働くことに対する真摯な姿勢や、新しい職場で貢献したいという意欲を示すことが大切です。

【フリーターから正社員例1】
「長期的に安定したキャリアを築きたいという想いから、正社員として働くことを希望しています。貴社は、社員のキャリアアップに積極的に取り組んでいることが魅力的であり、自分の能力を最大限に発揮できる環境だと考えています。」

【フリーターから正社員例2】

「フリーターとして働いていた期間は、自分自身を成長させるために様々な業界や職種を経験し、社会人としての基礎的な能力を身につけることができました。しかし、より安定した職場で働き、自分自身を更に成長させるために、貴社の求人に応募いたしました。貴社は、業界トップクラスの安定感と将来性を兼ね備えており、自分自身の成長と共に貴社の成長に貢献できると思います。私自身も、日々学びを大切にし、貴社のビジョンに共感しつつ、貴社で働くことを目指しています。」

以上が、シチュエーション別の転職面接での志望動機の実際の回答例文となります。

これらの例文を参考にして、自分なりの志望動機を考えてみましょう。

これらのシチュエーションに合わせた志望動機を考えることで、採用担当者からの好印象を得ることができます。

しかし、志望動機はあくまで自己PRの一部であり、嘘や飾り立てた話をすることは禁物です。

自分の強みや熱意を素直に表現し、自信を持って面接に臨みましょう。

職種別志望動機の例

転職面接での職種別志望動機

転職面接での職種別志望動機

転職面接での志望動機は、面接官に自分自身のキャリアや企業への関心を示す機会となります。

志望動機を表現するためには、職種別のアプローチ方法もあります。

以下は、一部ですが職種別の志望動機の例です。

以下は、履歴書に書く場合の例ですので、面接で話す時には内容を具体的に説明し、自分の経験やスキルと照らし合わせながら、熱意を伝えてください。

また、履歴書には書ききれなかった、具体的な理由やエピソードを語ることで、面接官に自分自身をより深く理解してもらうことができます。

自然な口調で自分の言葉で説明しましょう。

事務職

【事務職例1】
「私は細かい作業にも精度を求めることができ、コミュニケーション能力にも自信があります。事務職に応募する理由は、経験を積みつつ業務の幅を広げ、スキルアップを目指したいと考えたためです。貴社の事務職は、多岐にわたる業務に携わることができ、自己成長の機会が豊富であると思われます。」

【事務職例2】
「私はコミュニケーション能力に自信があり、人々をサポートすることが得意です。また、PCスキルも高く、緻密かつ迅速な業務処理が可能です。貴社の事務職に応募した理由は、経験を積みつつキャリアアップを実現することができると考えたためです。」

営業職

【営業職例1】
「私は積極的かつ柔軟なコミュニケーション能力に自信があります。また、人の心を動かすことができるスキルを持っています。営業職に応募する理由は、貴社の製品やサービスに共感し、顧客に価値を提供する営業活動に携わりたいと考えたためです。貴社の営業職は、チームで連携しながら成果を出すことができる環境であり、自己成長の機会が豊富であると思われます。」

【営業職例2】
「私は、コミュニケーション能力や説得力に自信があり、新しいビジネスチャンスを創出することが得意です。また、お客様との長期的な関係性構築ができるよう、日々学びを深めています。貴社の営業職に応募した理由は、業界最先端の製品を扱う企業で働き、経験を積むことができると考えたためです。」

エンジニア職

【エンジニア職例1】
「私は論理的思考力に自信があり、プログラミングスキルも高いです。エンジニア職に応募する理由は、新しい技術やスキルを学びながら、課題を解決するための最適なソリューションを提供できるエンジニアとして成長したいと考えたためです。貴社のエンジニア職は、チームで連携しながら開発を進め、自己成長の機会が豊富であると思われます。」

【エンジニア職例2】
「私は、コンピュータやプログラミングに強い関心を持ち、自分の能力を発揮することができる職種を探していました。貴社のエンジニア職に応募した理由は、最新技術に触れ、自己実現を追求できる環境に魅力を感じたためです。」

介護看護職

【介護看護職例1】
「私は人と接することが好きで、人の役に立つことができる仕事に興味を持っています。介護看護職に応募する理由は、人とのつながりやコミュニケーションを大切にしながら、利用者様の生活を支援することができるやりがいのある仕事だと考えたためです。また、貴社の介護看護職は、スタッフ同士が協力しながら、利用者様に寄り添いながらサービスを提供できる環境であり、自己成長の機会が豊富に提供されていると感じました。」

【介護看護職例2】
「私は、人々に役立つ仕事に就くことが夢でした。貴社の介護看護職に応募した理由は、人々の生活に深く関わることができ、人間的な価値を高めることができると考えたためです。また、貴社が提供する高度な訓練プログラムや制度が、私のキャリアアップを支援してくれると信じています。」

以上、一部ですが各職種における志望動機の例です。

これらはあくまで一例であり、自身の経験やスキル、志向性に合わせてアレンジすることが重要です。

志望動機がない場合

転職面接で最も重要なのが志望動機ですが、中には志望動機が明確になっていない場合があります。

そのような場合には、焦らずに事前に準備をし、自己分析を行うことが重要です。

まずは自己分析をして、自分自身の強みやキャリアプランを整理することが必要です。

自分のスキルや経験、過去の仕事での成果を振り返り、今後のキャリアにどのような方向性を持ちたいかを明確にすることが大切です。

また、企業研究を行い、自分が志望する企業の理念やビジョン、事業内容などを把握することも必要です。

企業の特徴や魅力を把握し、自分自身がその企業でどのような役割を担いたいのかを考えることで、志望動機を明確にすることができます。

志望動機がない場合でも、自己分析や企業研究を行い、自分自身のキャリアプランを明確にすることで、志望動機を見出すことができます。

ただし、自己分析や企業研究には時間がかかるため、転職活動を始める前にしっかりと準備をすることが重要です。

もし志望動機を聞かれなかったら

転職面接では、多くの場合志望動機が聞かれることが一般的です。

しかし、中には志望動機についての質問がない場合もあります。

志望動機についての準備をしていたにもかかわらず、このような場合には焦りや不安を感じるかもしれません。

しかし、志望動機について聞かれなかった場合でも、面接を有効活用する方法はあります。

まずは、自己紹介や職務経歴についてしっかりとアピールすることが重要です。

自分の強みやスキル、これまでの業務実績などを具体的に話すことで、面接官に自分の価値をアピールできます。

また、企業の業務内容や文化、事業展開についても調べておくことが重要です。

面接中に企業についての質問をすることで、自分が企業に合う理由や興味を持っていることをアピールすることができます。

最後に、志望動機について質問されなかったからといって、自分の志望動機を伝えることができないわけではありません。

面接中に自分がその企業に興味を持った理由や、自分がどのような貢献をしたいと考えているかを話すことで、自分の志望動機を伝えることができます。

しっかりとアピールすることで、面接官に自分の価値を伝え、転職活動を成功に導きましょう。

まとめ

転職の面接で必須の志望動機について、履歴書への書き方や面接での伝え方について解説しました。

志望動機は自分がなぜその企業に興味を持ち、その職種に就きたいと考えているのかを明確に伝えることが重要です。

前職との違いや、自分が成長したいと考えているポイント、企業のビジョンや文化と自分の志向性との一致などをアピールすることが有効です。

また、複数の志望動機がある場合は、優先順位を明確にし、それに基づいた志望動機を伝えることが求められます。

最後に、志望動機を伝える際は、誠実さと自信を持って自分の考えを伝えることがポイントです。

転職の面接では、自分のアピールポイントをしっかりと伝えることが重要です。

運営責任者
かつ

こんにちは、かつです。

13回の転職を経験し、精神疾患とも向き合っています。

これらの経験から得た洞察を共有し、皆さんのキャリア形成に役立つ情報を提供したいと思っています。

皆さんのキャリアにおいて参考になれば幸いです。

一緒に学び、成長していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました