当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
働き方

テレワーク活用のデメリットと対策、メリット、未来への取り組み

テレワーク デメリット対策

テレワーク デメリット対策

テレワークは新たな働き方の形として注目を集めていますが、社員間のコミュニケーションの希薄化や勤怠管理の難しさ、そしてセキュリティリスクなどのデメリットも存在します。

しかし、それらの問題は適切な対策を講じることで解決できます。

本記事では、テレワークのデメリットとその対策を詳細に解説し、さらにテレワークのメリットや未来への取り組みについても考察します。

この記事を通じて、あなた自身のテレワークの取り組みを見直すきっかけを提供できれば幸いです。

共にテレワークの進化について考えていきましょう。

  1. テレワークとは
  2. テレワークのデメリットと対策
    1. 社員間のコミュニケーションが希薄
    2. 社員間のコミュニケーションが希薄にならないための対策
      1. ビデオチャットの活用
      2. チャットツールの活用
      3. オンラインミーティングの定期的な実施
      4. オフィスでの集合時間の確保
    3. テレワーク社員の勤怠管理がしにくい
    4. テレワーク社員の勤怠管理がしにくいことへの対策
      1. 勤務時間の明確化
      2. オンライン勤怠管理ツールの導入
      3. レポートの提出
      4. 定期的な面談
    5. 上司がテレワーク社員の管理や評価をしにくい
    6. 上司がテレワーク社員の管理や評価をしにくいことの対策
      1. 目標設定と進捗確認の徹底
      2. コミュニケーションツールの活用
      3. 評価基準の明確化
      4. オンライン研修の実施
      5. フィードバックの徹底
      6. 人事制度を確立
    7. テレワーク端末の情報漏えいなどのセキュリティに関するリスク
    8. テレワーク端末の情報漏えいなどのセキュリティに関するリスク対策
  3. テレワークのメリット
    1. テレワーク社員の生産性・業務効率化の向上
      1. 集中して仕事ができる
      2. 通勤による心身的疲労がない
    2. 交通費や什器備品、消耗品費などのコスト削減
    3. 育児・介護など社員の事情による雇用困難社員の雇用の継続
    4. 能力の高い優秀な人材の確保
    5. 非常時における事業中断リスクの軽減
  4. テレワークの未来への取り組み
    1. ふるさとテレワーク
    2. 高齢者活用によるスマートプラチナ社会の構築
    3. 求人の少ない被災地域での生活救済を目指したテレワーク推進事業
  5. テレワ―ク実施企業への転職
  6. まとめ

テレワークとは

テレワークとは

「テレワーク」は、コロナ禍の影響で急速に普及した働き方の1つです。

在宅勤務やリモートワークなど、自宅やカフェなどから仕事を行うことが可能になりました。

テレワークとは、

  • 「tele = 離れた所」
  • 「work = 働く」

をあわせて作られた造語です。

情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用して、場所や時間の制約を受けずに柔軟に働くことができます。

テレワークは、

  • 在宅勤務
  • モバイルワーク
  • 施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)

の3つの働く場所によって分けられます。

テレワークのデメリットと対策

テレワークのデメリットと対策を4つ紹介します。

  1. 社員間のコミュニケーションが希薄
  2. テレワーク社員の勤怠管理がしにくい
  3. 上司がテレワーク社員の管理や評価をしにくい
  4. テレワーク端末の情報漏えいなどのセキュリティに関するリスク

社員間のコミュニケーションが希薄

テレワークは面と向かって仕事をしているわけではないので、社員間のコミュニケーションが希薄になります。

相手が、

  • 普通に話しているのか
  • 怒っているのか

わからないことがあります。

さすがにメールなどに「(文章)(怒)」とは書けないです。

同じ会社に在籍していても一度も顔を合わせたことがなければ、相手がどんな人でどんな性格なのかわからないのでさらに不安です。

社員間のコミュニケーションが希薄にならないための対策

テレワークで社員同士のコミュニケーションの希薄さを解決するには、以下のような対策があります。

  • ビデオチャットの活用
  • チャットツールの活用
  • オンラインミーティングの定期的な実施
  • オフィスでの集合時間の確保

ビデオチャットの活用

テキストや音声だけでのコミュニケーションよりも、顔を見ながらのビデオチャットでコミュニケーションを取ることで、より良いコミュニケーションを実現できます。

チャットツールの活用

オフィスでのデスクトップに向かってのコミュニケーションと同じように、リアルタイムでやりとりができるチャットツールを活用することで、社員同士のコミュニケーションを促進することができます。

オンラインミーティングの定期的な実施

社員同士が顔を合わせて意見交換を行う場として、オンラインミーティングを定期的に実施することで、コミュニケーションの不足を補うことができます。

オフィスでの集合時間の確保

テレワークでもオフィスでの集合時間を設け、社員同士が直接会ってコミュニケーションを取る時間を確保することで、より密なコミュニケーションを実現することができます。

テレワーク社員の勤怠管理がしにくい

会社に出勤してタイムカードを押さないので、勤務の始まりと終わりがわかりづらいです。

オンとオフの切り替えも難しく「仕事が終わった!」と思って家事をしていたら、まだ仕事があったということもあります。

テレワーク社員の勤怠管理がしにくいことへの対策

テレワーク社員の勤怠管理がしにくいことへは、以下のような対策があります。

  • 勤務時間の明確化
  • オンライン勤怠管理ツールの導入
  • レポートの提出
  • 定期的な面談

勤務時間の明確化

テレワーク社員には、勤務時間の明確化を求めることが必要です。

例えば、何時から何時まで働くか、休憩時間をいつにするかなど、明確なルールを設けておくことが大切です。

オンライン勤怠管理ツールの導入

テレワーク社員が勤務時間を報告するためのオンライン勤怠管理ツールを導入することで、勤務時間の正確な記録ができます。

レポートの提出

テレワーク社員には、勤務内容や作業進捗状況をまとめたレポートの提出を求めることができます。

これによって、勤務時間だけでなく、業務の内容や成果にも目を向けることができます。

また、パソコンの使用状況を操作ログによって勤怠記録する仕組みにすることで、深夜残業やサービス残業をしないような管理もできます。

定期的な面談

テレワーク社員と上司との定期的な面談を実施することで、勤務時間や業務内容、課題などについて話し合うことができます。

面談の機会に業務の進捗状況や目標を確認し、必要に応じて調整を行うことができます。

上司がテレワーク社員の管理や評価をしにくい

管理職にとってテレワーク社員は、目の前にいる社員と違い目が届きずらいです。

テレワーク社員にとっても、上司からの仕事を受けたとき今進めている仕事を優先するか受けた方を先にすべきか迷います。

上司に仕事を見られていない分きちんと仕事が出来ているかどうか、仕事がちゃんと評価されているかどうかという不安もあります。

上司がテレワーク社員の管理や評価をしにくいことの対策

  • 目標設定と進捗確認の徹底
  • コミュニケーションツールの活用
  • 評価基準の明確化
  • オンライン研修の実施
  • フィードバックの徹底
  • 人事制度を確立

上司がテレワーク社員の管理や評価をしにくいことへは、以下のような対策があります。

目標設定と進捗確認の徹底

テレワーク社員と上司が共通の目標を設定し、その目標達成に向けた進捗状況を共有しましょう。

コミュニケーションツールの活用

オンラインミーティングやチャットツールなど、適切なコミュニケーションツールを活用し、定期的なコミュニケーションを取りましょう。

評価基準の明確化

テレワーク社員の業務内容と評価基準を明確にし、上司とテレワーク社員が共通認識を持つことで評価がしやすくなります。

管理職がテレワーク社員の業務にかかる時間や難易度を正確に把握することも必要です。

テレワークなどの多様な働き方によって社員を正当に評価するためには、仕事をした時間の長さではなく仕事の成果を評価しましょう。

オンライン研修の実施

テレワーク社員向けのオンライン研修を実施することで、業務の効率化やスキルアップを促し、上司からの評価も向上するでしょう。

フィードバックの徹底

テレワーク社員に対して、上司からのフィードバックを定期的に行いましょう。

その上で改善点や課題を共有し、業務の改善に取り組みましょう。

人事制度を確立

テレワーク社員に、上司が過小評価または過大評価をしないように、人事制度をしっかり確立しましょう。

テレワーク端末の情報漏えいなどのセキュリティに関するリスク

テレワーク導入の懸念の1つとしてセキュリティ面があげられます。

テレワーク導入に際して社員が社内で仕事をするのとは違い、外部に情報を持ち出して仕事をしているので情報漏洩の心配があります。

テレワーク端末の情報漏えいなどのセキュリティに関するリスク対策

テレワーク端末の情報漏えいなどのセキュリティに関するリスクには、以下のような対策があります。

  • 自宅やサテライトオフィスや移動しながら働く社員が使用する端末に対して、外部から攻撃や改ざんなどの干渉を受けないように技術的に保護する。
  • テレワーク運用を想定して社内のセキュリティポリシーを見直したうえで、ウイルス対策ソフトやパスワード管理を徹底する。

端末の紛失や盗難などには、

  • テレワーク社員の住所や利用者の管理
  • 機密性の高いものは暗号化する
  • データーのバックアップ

などをするのが有効です。

また、

  • 定期的にテレワーク社員を集めてセキュリティに関して研修をおこなう。
  • テレワークを行う社員一人一人がセキュリティに関する意識を高める

など、高いセキュリティ意識を持つことが情報管理上の事故を防止することに役立ちます。

テレワークのメリット

テレワークのメリットを5つご紹介します。

  1. テレワーク社員の生産性・業務効率化の向上
  2. 交通費や什器備品、消耗品費などのコスト削減
  3. 育児・介護など社員の事情による雇用困難社員の雇用の継続
  4. 能力の高い優秀な人材の確保
  5. 非常時における事業中断リスクの軽減

テレワーク社員の生産性・業務効率化の向上

集中して仕事ができる

通常、社員が会社内で勤務しているときには、色々な雑務や想定外の仕事が舞い込んできます。

急に発生する予定外の打ち合わせや会議、取引先の訪問などで仕事が中断されてしまい、継続して集中して仕事が出来ません。

反面、テレワーク社員は想定内の仕事がほとんどです。

結果的に仕事に集中できる時間が増えて仕事の生産性が高まり、効率性の向上につながります。

通勤による心身的疲労がない

テレワークでは基本的に通勤による出社がないので、社員が満員電車で「ぎゅうぎゅう詰め」になることがなく、通勤による心身的疲労がまったくありません。

そのおかげで健康的に仕事ができ、高い集中力で生産性が向上します。

交通費や什器備品、消耗品費などのコスト削減

テレワーク社員は通勤することがないので通勤のための定期券の費用が削減できます。

また、オフィスの机や椅子・パソコンなども要らないので什器備品・消耗品も不要になります。

さらに、業務で必要な資料やファイルも紙ではなくパソコンにデータとして保存しておけば、その分の保管スペースも要りません。

テレワークの有効的な活用によって組織の肥大化を防ぎ、物理的な支店の廃止や縮小ができコストダウンが図れます。

育児・介護など社員の事情による雇用困難社員の雇用の継続

子供ができた場合、育児に時間を割かれ結局退職したり産休を取らざるを得ません。

また介護が必要な家族が発生した場合も、休みがちになれば会社に迷惑がかかってしまうので退職しなければならなくなります。

テレワークだと子供の面倒を見ながらや、介護しながらでも仕事ができます。

テレワークを活用すれば個人の事情によって可能性が広がります。

その結果社員のキャリアアップや雇用継続も簡単に行えるでしょう。

また、育児や介護に携わる社員に対する取り組みは、少子高齢化に取り組んだ人材を大切にしている姿勢のアピールになります。

社会における企業のイメージアップにもつながります。

能力の高い優秀な人材の確保

テレワークは時間や環境に縛られない働き方であり、労働意欲を持つ障害者や高齢者などの就労機会を増やすことができます。

また、能力の高い人材やスキルや業務ノウハウが豊富な人材の確保にもつながります。

グローバル化が進む中で求められる

  • 独自性
  • 創造性

を持つ優秀な人材の確保が不可欠です。

テレワークは優秀な人材が計画的・自律的に業務を行える環境を提供し、魅力的な職場に見せることができます。

その結果、

  • 社内での人材の離職防止
  • 社外からの人材確保

につながる可能性があると言えます。

非常時における事業中断リスクの軽減

  • 地震
  • 台風
  • 豪雨災害
  • インフルエンザ
  • 新型コロナウイルス

などがあってもテレワーク社員にはあまり影響がなくリスク分散に役立ちます。

テレワークなら、もし感染症にかかっても出社することがなく、他の社員には伝染らないので事業が継続できます。

非常時にテレワークをする為には平常時からテレワークを活用していくことが大事です。

日常的にテレワークを利用しておけば、非常時にもあわてないで取り組めます。

テレワークの未来への取り組み

テレワークの活用により自宅やカフェなどで仕事ができる今、総務省は未来に向けてテレワークをさらに推進させようとしています。

総務省の始めた未来への取り組みをご紹介します。

  1. ふるさとテレワーク
  2. 高齢者活用によるスマートプラチナ社会の構築
  3. 求人の少ない被災地域での生活救済を目指したテレワーク推進事業

ふるさとテレワーク

都会と地域の格差は日本の重要な課題です。

地方のサテライトオフィスでテレワーク従業者を雇うことで、地方と都会の格差が是正できると考えられています。

現在では都会の人々にテレワークが浸透しているので、今度は地方の人々の考え方を変えていくのが、この「ふるさとテレワーク」です。

高齢者活用によるスマートプラチナ社会の構築

いまや4人に1人が高齢者で、子どもの人数の約2倍です。

総務省は自宅から動けない高齢者が、住み慣れた家で安心して仕事ができるように取り組んでいます。

今後未来に経済成長を見込むためには、意欲のある高齢者がテレワークを行うことです。

求人の少ない被災地域での生活救済を目指したテレワーク推進事業

東日本大震災熊本地震などの被災地域では、まだ多くの人々が仮設住宅で暮らしています。

被災地では、求人も少なく生活を再建できない状況が長く続けば、精神状態も不安定になります。

そこで、総務省は自宅でできるテレワークを導入し、被災者の生活救済を目指しています。

テレワ―ク実施企業への転職

リモートワーク(テレワーク)で働きたい人に特化した求人Webメディアを利用するのがおすすめです。

  • 子供をご自宅で見ながら仕事ができる
  • 出社する必要がないから人混みを避けれる
  • 通勤時間が省け、家族との時間が持てる

フルリモートでの仕事なので、例えば沖縄在中で東京の会社に転職する等、転職する会社は全国どこでも選択可能です。

転職エージェントのdodaエージェントサービスではテレワークの公開求人件数が12,380件あります。

\業界最大級の求人数/

まとめ

テレワーク活用のデメリットと対策・メリット・未来への取り組みについて解説しました。

テレワークには、今までにはない働き方の多様化があるので、将来性について大いなる希望がもてると思います。

テレワークにはデメリットがありますが、環境負荷軽減や雇用創出などのメリットが大きく、社会にとっても大きなメリットになります。

今後、テレワークの導入が増えることが期待されます。

運営責任者
かつ

かつと申します。

印刷工場現場勤務や会計事務所職員、計測機器商社経理、不動産会社営業、中華料理店ウエイター、多角経営企業経理、僧侶の修行他で13回転職しました。

高校は工業の電子科でしたが、経理の専門学校で学習し簿記の資格を取った経理関係の職歴の年数が一番長いです。

これらの経験から得た洞察を共有し、皆さんのキャリア形成に役立つ情報を提供しています。

タイトルとURLをコピーしました