転職ノウハウ転職

転職を繰り返す人の末路は一律に悲惨ではなく辞め方で変わります

この記事は約9分で読めます。
転職を繰り返す人の末路は?

転職を繰り返す人の末路は?

転職を繰り返す人の末路は悲惨なの?

 

こんな疑問にお答えします

転職の数が増えると末路が心配になりますよね。筆者も転職を繰り返していたので、どうなるか心配でした。

私の結論ですが、転職を繰り返したとしても、転職を繰り返す人の末路は、一律に悲惨ではなく辞め方で変わります。

キャリアアップや年収アップなどを求めて転職するポジティブな転職と、会社に行きたくないなどのネガティブな転職で末路は大きく変わります。

この記事では「転職を繰り返す人の末路は一律に悲惨ではなく辞め方で変わります」を解説します。

広告

転職を繰り返す人の末路

転職を繰り返す人の末路

転職を繰り返す人の末路

転職を繰り返す人の「末路」は暗い未来しかないように思えますし、転職を繰り返すことで悲惨な末路を迎えてしまう体験談を多く聞きます。

「末路」という言葉には「人生や組織の盛りを過ぎた末。なれのはて。」という意味がありますが、転職を繰り返して「末路」になるのは、退職理由の違いが原因です。

転職を繰り返す人の末路が悲惨な原因

転職を繰り返す人の末路が悲惨な原因

転職を繰り返す人の末路が悲惨な原因

転職を繰り返す人の末路が悲惨なのは、ネガティブな転職が原因です。

ネガティブな転職を繰り返すと末路

人間関係や仕事の内容が自分に合わないなどの理由で、短期間で転職を繰り返すと、仕事経験や実績が自分の中で積み上がらないので市場価値も低いままです。

スキルがない状態で転職することになり、年齢だけは転職のたびに上がっていくので、転職先では年齢に見合う活躍が見込めなくて、給料も前職と比べて上がりません。

自分の年齢が上がったときに、さらにネガティブ転職を繰り返そうとしても、雇用してくれる企業はなくなります。

転職理由がネガティブな転職をして、転職回数が増えたのなら、暗くて悲惨な末路が待っています。

転職理由が、キャリアアップや年収アップなどのポジティブな転職で、転職回数が増えたのなら明るい未来が待っています。

転職理由で、末路が大きく180度、変わるのです。

以下の記事で、全部がネガティブではありませんが「仕事が続かない原因10選と続かない原因別に対処法をご紹介」しています。

  • 給料が安い
  • 仕事内容が合わない
  • 働く時間が長い
  • 働く目的がない
  • 通勤の満員電車がつらい
  • 家が裕福
  • 飽きっぽい性格
  • わがままな性格
  • 大人の発達障害で人間関係が苦手
  • ブラック企業

転職を繰り返す人の末路対策

2022年度の新入社員の60.6%は、入社前から転職に興味を示しています。

転職でキャリアアップすればいいですが、転職を繰り返したときに、末路にならないように対策しましょう。

キャリアアップのためにポジティブ転職を20代で

たとえ、転職を繰り返したとしても、悲惨な末路にならないようにするには、キャリアチェンジやキャリアアップなどのポジティブな転職をなるべく20代のうちにすることです。

ただ、実際にキャリアアップのための転職だとしても、面接などで転職理由を答えるときには、単に「キャリアアップのため」と言うより、もう少し深く考えて言ったほうが良いと思います。

面接官によっては「キャリアアップ以外」の理由でお答え下さいと言われることがあるからです。

キャリアの構築は人によって異なるので「キャリアアップ」と一言で表すのではなく、転職して実現したいことを、具体的に考えておき答えましょう。

転職先を決めてから退職

もし、20代のうちに希望の企業に転職できたとしても、30代や40代になってから再転職するとしたら転職先が決定してから退職しましょう。

私のように、仕事が嫌になった勢いで40代で退職すると、転職先がない状態に陥り、悲惨な末路を迎えます。

転職エージェントを利用

転職を繰り返しても、悲惨な末路を招かないようにしたいです。

転職で悲惨な末路を遠ざけるには、なるべく若い20代のうちに、転職のプロである転職エージェントを利用して、転職のノウハウを得たり、自分の市場価値を知っておくことです。

転職を繰り返していた筆者が、転職に失敗しなかったのは、転職エージェントを利用した先輩に引き抜いてもらったからです。

実際に、自分で転職エージェントを利用すれば、もっと自分の適性に合った企業に転職できていたでしょう。

転職サービスは、公共と民間があって、転職エージェントなどの民間を利用して転職する人は右肩上がりに増えています。

出典:労働市場における雇用仲介の現状について

転職エージェントに登録すると、公開求人や非公開求人の紹介や、転職活動全般のサポートをしてくれます。

転職エージェントや転職サイトを含む転職サービスの中には、転職前にスキルをつけられるサービスもあります。

おすすめ転職サービス紹介ページでは、以下の転職サービスをご紹介しています。

  • 公共転職支援サービス
  • 転職エージェント
  • 転職サイト
  • ヘッドハンティング型転職サービス
  • 転職トレーニングサービス
  • 転職支援サービス付きスクール

今日が人生で一番若い日です。歳をとって後悔する前にすぐに決断しましょう。

転職を繰り返した私の末路

出戻り転職を含め、正社員と派遣社員で在籍した企業は、のべ14社で転職回数は13回になります。

どの会社も長続きせずに、転職を繰り返していたので末路が不安でした。

転職エージェントを利用して転職した先輩に誘ってもらった

そんなとき、転職エージェントを利用して転職した先輩に声をかけてもらって、事業の多角経営をしていて、成長している勢いのある会社に転職しました。

断言はできませんが、先輩がリクルートエージェントを利用していなかったら、私に声をかけてくれなかったかもしれません。

リクルートエージェント

私の転職回数はかなり多くて、採用担当役員も気になっていたようです。

新規事業立ち上げの忙しい時で、即戦力が求められたし、ギリギリ20代だったし、先輩の縁故採用ということで、幸運にも採用されました。

給料も良かったので、タワーマンションの1部屋を買って住んで、眺望の良い高層マンションで衣食住に満足した良い暮らしを満喫しました。

それまで転職回数が多かった私の転職が成功したのは、辞めたくて転職したのではなくて、キャリアアップのためのポジティブな転職が成功したからだと思っています。

若いうちにポジティブな転職をした

もし、私がポジティブな転職をしてなかったら、さらに転職回数が増えて末路は悲惨なものだったでしょう。

私の経験上、転職を繰り返しても、20代のうちならまだいいですが、30代をすぎるとポジティブな理由だったとしても、今の日本では、転職は難しくなると思います。

この記事を読んでいただいている「あなた」には、少しでも若いうちにポジティブな転職をして欲しいと思います。

ネガティブな理由で退職

せっかく入社できた会社でしたが、17年勤めたあと定年まで勤め上げることなく、ネガティブな理由で退職しました。

40代だったこともあって、どんなに仕事を探しても、正社員で雇ってくれる企業は一つもありませんでした。

収入が途絶えたので、高いローンを払えなくなったので、タワーマンションを売却して、そのお金で今は田舎に引っ越して賃貸暮らしです。

貯金を減らさないように、日々節約に心がけて食べるものも我慢しながら生活しています。

広告

転職を繰り返す事が当たり前な時代

雇用契約書

雇用契約書

新入社員で入社した会社に、いつまで働きたいかを調査したアンケートによると、

  • 「定年まで同じ会社で働きたい」20%未満
  • 「10年以内に転職する」50%以上
  • 「3年以内に転職する」約30%

というように、

約80%以上の新入社員が10年以内に転職したいと答えています。

日本では、まだ終身雇用制度が残っているのに、定年まで同じ会社で働きたい人は20%未満しかいません。

終身雇用制度の会社で働いていれば、毎年昇給するし、定年まで安心して働けるのにです。

少しずつ転換期が近づいていますが、今後、終身雇用制度が崩れて、成果主義的なジョブ型雇用が主流になると、大転職時代が訪れて、転職を繰り返すことが当たり前になるでしょう。

2019年4月に経団連の中西宏明会長が『企業が今後「終身雇用」を続けていくのは難しい』と述べました。

方向性として「終身雇用という雇用システムを変えていくことが必要」と、企業側と大学側の認識が一致していることを示唆しました。

たとえ終身雇用がなくなって転職が当たリ前の時代がやってきたとしても、

繰り返しますが、転職理由がキャリアアップや年収アップなどのポジティブな転職で、転職回数が増えたのなら悲惨ではなく明るい未来が待っています。

逆に、ネガティブな理由で前職を辞めて転職を繰り返すなら、末路は怪しくなり、スキルアップや年収アップがかなえられるかどうかもわかりません。

もし今、ポジティブな転職を考えていて、すぐに退職したいけれど上司に伝えづらかったり、退職を引き止められたら、退職成功率100%退職代行ニコイチを利用して退職しましょう。

  • 退職届テンプレートが無料
  • 転職サポートも無料で付いてきます

\相談は何度でも無料/退職代行サービス「退職代行ニコイチ」

広告

まとめ

今後、欧米型のジョブ型雇用が主流になって、転職が当たり前の時代になっても、転職理由はネガティブにならないようにしましょう。

そして何より、最初から転職の目的をポジティブなもので転職しましょう。それが転職を繰り返す人の末路が悲惨になるのを防ぐ秘訣です。

結局、ネガティブかポジティブかは考え方次第なところもあります。

もし、ネガティブになってしまったら、転職の事前準備の段階で、マイナスをプラスに置き換えておいて、面接の採用面接官に好印象になるように伝えましょう

転職を繰り返していても、悲惨な末路転職を回避するには、なるべく早めの20代のうちに、面接対策もしてくれる転職のプロの転職エージェントを無料利用して、明るい人生にしましょう。

広告
転職の時代

コメント