悩み給料

給料が低い仕事でも豊かな生活のコツ:貯蓄、節約、収入アップ、やりがい

この記事は約11分で読めます。
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
給料が低い仕事

給料が低い仕事

給料が低い仕事に就いていると、生活が苦しいと感じることがあります。

しかし、給料が低くても生活を豊かにすることはできます。

たくさん給料もらっていても、全部使ってしまえば1円も残りませんが、給料が低くてもさまざまな方法でお金を残すことができます。

この記事では、貯蓄節約収入アップやりがいの見つけ方という4つのポイントを紹介します。

また最後に、給料が低い仕事かどうか最低賃金の確認も解説しています。

これらの方法を実践することで、給料が低い仕事でも生活を豊かにすることができます。

貯蓄のコツ

給料が低い仕事でも生活を豊かにするためには、貯蓄が重要です。

貯蓄は将来への備えや経済的な安定をもたらし、心の安心感を与えます。

自動積立の活用

貯蓄のコツは、自動積立を活用しましょう。

給料日に一定額を自動的に貯金口座に振り込むことで、貯蓄を習慣化することができます。

無駄遣いの誘惑から解放され、着実に貯金が増えていきます。

貯蓄目標を設定

そして、貯蓄目標を設定しましょう。

具体的な目標を立てることでモチベーションが高まり、貯蓄に対する意識が強くなります。

短期的な目標から始めて徐々に長期的な目標に挑戦していくと良いでしょう。

給料が低い仕事でも貯蓄を心掛けることで、経済的な余裕を持ち、生活の質を向上させることができます。

着実に貯金を増やしていきましょう。

節約術

給料が低い仕事でも生活を豊かにするためには、節約が重要です。

節約は無駄な出費を減らし、限られた収入を効果的に活用する方法です。

以下に、節約術をご紹介します。

予算を立てる

まずは予算を立てましょう。

収入と支出を明確に把握し、必要な費用と余裕を持った生活を目指します。

固定費変動費を見直し、無駄な支出を削減することが重要です。

家賃の見直し

家賃は、固定費の中でも最大のものであり、生活費を節約するためには、家賃の見直しが重要です。

家賃を見直すためには、引っ越しを検討することができます。

例えば、家賃が安い地域や、少し狭い部屋に引っ越すことで、家賃を節約することができます。

また、ルームシェアホームシェアなどの方法もあります。

これらの方法を検討することで、家賃を節約することができます。

食費の節約

次に食費の節約に取り組みましょう。

外食やテイクアウトを減らし、自炊を積極的に取り入れることでコストを抑えることができます。

また、食材の無駄を減らし、節約メニューやお得な買い物法を活用すると良いでしょう。

光熱費や通信費の見直し

さらに、光熱費や通信費の見直しも重要です。

電気やガスの節約意識を高め、不必要な電化製品の使用を控えることで支出を減らすことができます。

スマートフォンやインターネットの料金プランを見直すことも節約のポイントです。

給料が低い仕事でも節約術を駆使することで、効果的に収入を活用し生活を豊かにすることができます。

予算の立て方や食費、光熱費や通信費の節約など、自分に合った節約方法を取り入れてみましょう。

収入アップ法

生活するのが大変

生活するのが大変

給料が低い仕事をしているなら、下記に紹介する方法で収入を増やすことができないか検討して実践してみましょう。

  • 給料交渉する
  • 残業する
  • 副業する
  • 転職する

給料交渉する

給料が低い仕事をしていても、諦めないで、給料を上げてもらえないか、交渉してみましょう。

いまの給料が、あなたの働きぶりに見合っているかどうかを知るには、あなたの適正な年収をツールで査定して市場価値を知ることです。

年収査定をするには、doda会員登録(無料)をすれば利用できます。

あなたの適正年収を査定するツールは、診断・書類作成ツールをクリックすると、でてくる「年収査定」というツールです。

査定時間は3分で、あなたの適正年収がわかります。

doda会員登録はこちらからできます。

転職サイトはdoda

「年収査定」であなたの適正な年収がわかったら、給料交渉の際に具体的に金額を提示しましょう。

給料交渉するタイミングは、会社で定期的な給与査定を受ける時期の数ヵ月前に交渉を開始しましょう。

あなたが「給料以上の働きをしている」「なにか成果をあげた」時には、自信をもって給料交渉をしましょう。

残業をする

働き方改革で、以前に比べて残業に関する規制が厳しくなって、残業時間の上限が決められています。

残業時間規制は、生産性向上や、働きすぎによる健康への影響を軽くする目的があります。

しかし、給料を増やすことを目的にする場合は、残業手当を増やすことを考慮にいれましょう。

給料が低い仕事の人が、生活のために、もっと高い給料をもらえる企業へ転職しなければならなくなれば、企業にとってのダメージは大きいと思います。

残業時間規制を行ったために、残業代の減少で様々なローンの支払い生活費が払えなくなっています。

日中に終わらなかった仕事がある場合には、なるべく残業をして残業手当をもらいましょう。

経営者と一体的な立場にある「管理監督者」である場合には、残業代が出ませんが、管理職でも、法定労働時間を超えた場合には残業代がもらえるケースがあります。

副業する

2018年に、副業を解禁する大手企業が増えました。

特に最近は、副業をはじめる人が増えています。

自分が働いている会社が副業禁止でなければ、副業に取り組んでみましょう。

在宅で出来る副業を紹介します。

Webライター

Webライターの仕事内容

インターネット上にある、Web(文字や画像、動画などを見るための仕組み)を利用して、ニュースサイト記事、インターネットメディアのコラム、お役立ち情報記事、ECサイト紹介文などのWebサイトの文章を書く仕事です。

Webライターになるには

在宅でできるWebライターの仕事は、クラウドソーシングのクラウドワークスやランサーズでWebライターを募集しているのでWebライターの仕事を受注します。

Webライターの収入

Webライターの収入は、低単価では1記事2,000文字で200円などで募集している案件があり、この場合1文字にすると0.1円です。

一般的な相場は、1文字あたり0.5円から3円ぐらいですが、未経験者からだと1文字約0.5円ぐらいなので、時給1,000円を目指すのであれば1時間で2,000文字書く能力が求められます。

未経験を脱して1文字1円の案件に応募して、2,000文字の記事を1日1本書いて1ヶ月に23日働いたとすれば、月46,000円になります。

クラウドソーシングで仕事をする場合、例えばクラウドワークスでは、システム使用料と別途振込手数料が発生します。

システム使用料は契約金額で変動しますが、5%~20%です。受取金額は(契約金額+消費税)-(システム利用料+消費税)

契約金額が46,000円だった場合は、46,000×1.1-46,000×1.1×20%×1.1=39,468円になります。

年収に換算すると約47.3万円になります。

もっと大きく稼ぎたい場合は、高単価記事案件に厳選して応募しましょう。

ブロガー・アフィリエイター

ブロガー・アフィリエイターの仕事内容

ホームページ作成ソフトの「ワードプレス」などを利用して情報ブログを作成し、掲載している広告から収入を得る職業です。

ブロガー・アフィリエイターになるには

誰でもなれます。

ブロガー・アフィリエイターの収入

高収入なブロガーやアフィリエイターは月に500万円以上稼いでいますが、過去にはアフィリエイターの95%は月収5,000円も稼げないと言われていた時期がありました。

最近の統計では、約50%が月5,000円以上稼げるようになっているようです。

稼げるまでに半年~1年以上の日数がかかるし、必ず稼げるとは限らないので、貯金などの余裕がないと始めても続けられずに辞めてしまうでしょう。

データ入力

データ入力の仕事内容

データ入力は一般的に、勤務先や依頼主から提供された文字や数字などのデータを、パソコンを利用して入力し、場合によっては校正まで行う仕事です。

データの内容は、顧客情報や契約内容など多岐に渡ります。

データ入力者になるには

在宅でデータ入力の仕事を行うには、クラウドワークスやランサーズに登録して仕事を探します。

データ入力の収入

在宅で行えるデータ入力の仕事の時間単価の平均は、約1,000円なので、1日2時間で1ヶ月に23日働いたとすれば、Webライターとおなじで、1,000円×2時間×23日=46,000円になり、システム使用料が取られて、年収約47.3万円になります。

転職する

いまの会社で給料交渉しても昇給が望めないなら、思い切って転職して給料を上げましょう。

転職先に選ぶ企業ですが、給料が低くない業界にある企業がいいです。

今までにスキルを培ってきた事務系や営業系や販売系などの職種のまま、儲かっていて年収が高い業界にチャレンジしましょう。

業界が違えば一気に給料が上がる可能性が高まります。

転職のプロの転職エージェントに相談すれば、無料で企業の採用担当者との給料交渉のアドバイスや交渉までも代行してくれます。

さらに応募書類の添削や面接対策もしてくれるので、転職するときに利用すれば大きなメリットになります。

404 NOT FOUND | 転職の時代
20代のうちに次の一歩を!

やりがいの見つけ方

給料が低い仕事でも生活を豊かにするためには、やりがいを見つけることが重要です。

やりがいは仕事に対する意欲満足感を生み出し、モチベーションを高める要素です。

以下に、やりがいの見つけ方をご紹介します。

自己分析

まずは自己分析を行いましょう。

自分の興味や得意なこと、価値観などを把握することで、自分にとって本当に大切な仕事や活動を見つけることができます。

自分自身と向き合い、自分の内なるモチベーションを探求しましょう。

役割や貢献できる場を見つける

次に、仕事の中で自分に合った役割や貢献できる場を見つけましょう。

自分の得意なスキルや経験を活かせる仕事やプロジェクトに参加することで、自己成長達成感を得ることができます。

自分の強みを活かすことで、やりがいを感じることができるでしょう。

目標を設定する

また、目標を設定しましょう。

自分が達成したい目標や成果を明確にし、それに向かって努力することでやりがいを感じることができます。

小さな目標から始めて徐々に大きな目標に挑戦することで、自己成長や達成感を得ることができます。

周囲との協力やチームワーク

さらに、周囲との協力やチームワークを大切にしましょう。

仲間と協力し、共に目標に向かって努力することで、仕事の意義ややりがいを感じることができます。

互いに助け合い、成果を共有することで、やりがいを倍増させることができます。

給料が低い仕事でもやりがいを見つけることで、モチベーションを高め、生活を豊かにすることができます。

自己分析や自分に合った役割の見つけ方、目標の設定、チームワークの重視など、やりがいを見つけるためのアプローチを試してみましょう。

自分の心に響く仕事を見つけ、充実した日々を過ごすことができます。

給料が低い仕事かどうか最低賃金の確認

最低賃金以下でないか確認しましょう

最低賃金以下でないか確認しましょう

現在、給料が低い仕事をしていて生活できないなら、最低賃金以下の給料ではないか疑ってみましょう。

労働者は、最低賃金以上の給料をもらう権利があるので、まずは自分の給料が最低賃金以上かどうかを調べてみましょう。

  • 最低賃金の確認をしよう
  • なぜ最低賃金以下なのか
  • 最低賃金以下だったら

最低賃金の確認をしよう

自分の給料が低いと思ったら、最初にすることは、最低賃金以下でないかを確認しましょう。

最低賃金の計算方法は下の厚生労働省のページをご覧ください。

最低賃金額以上かどうかを確認する方法|厚生労働省
最低賃金額以上かどうかを確認する方法について紹介しています。

もっと詳しく知りた方は、都道府県労働局又は最寄りの労働基準監督署に問い合わせましょう。

なぜ最低賃金以下なのか

最低賃金以下の給料しか支払わない企業は、営業利益を高くするために、労働の対価としての賃金を少しでも切り詰めようと考えています。

労働者が頑張って働いているのにです。

企業が賃金を出し渋ってしまうと、

  • 労働者の生活が脅かされる
  • 企業間の公正な競争が阻害される

1959年から最低賃金制度が導入されています。

最低賃金以下だったら

最低賃金法はすべての労働者に適用されます。

上記のサイトで計算してみて、自分の賃金が最低賃金以下だった場合は、まずは会社の上司に言ってみましょう。

労働者は最低賃金以上の賃金をもらえる権利があります。

企業は最低賃金以上の賃金を支払わなければなりません。

会社があなたの言うことを聞いてくれない時には、匿名での相談ができます。

労働基準監督署に相談しましょう。

まとめ

給料が低い仕事でも豊かな生活を送るためには、貯蓄、節約、収入アップ、そしてやりがいの見つけ方が重要です。

まずは貯蓄を始め、限られた収入を有効に活用しましょう。

節約を意識し、無駄な出費を減らすことで経済的な余裕を作り出せます。

また、副業や追加収入を考え、収入を増やす努力も必要です。

さらに、やりがいを見つけることで仕事へのモチベーションを高め、充実感を得ることができます。

給料が低くても、貯蓄や節約、収入アップ、やりがいを大切にすることで、豊かな生活を築くことができます。

最後に、給料が低い仕事かどうか最低賃金の確認も解説しました。

以上です。

参考になれば幸いです。

参考:
「最低賃金制度について」(厚生労働省)
「労働基準法について」(厚生労働省)
タイトルとURLをコピーしました